BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

新ジャンル「グラベルクロス」バイク4選! タフで個性的なクロスバイクをチェック!

自転車通勤、通学、そして休日におススメのスポーツバイクの代表といえば「クロスバイク」だ。そのクロスバイクに新たに「グラベルクロス」というジャンルが生まれている。グラベルクロスについては以下より。

▼前編となる記事はこちら

クロスバイクは通勤用だけじゃない! 新ジャンル「グラベルクロス」が注目される理由

クロスバイクは通勤用だけじゃない! 新ジャンル「グラベルクロス」が注目される理由

2022年04月09日

各ブランドの2022年最新グラベルクロスを紹介!

前回に引き続き、ワイズロード新宿クロスバイク館の「クロスバイクマイスター」 こと大澤知泰さんにご協力いただいた

今回は前編で学んだ基礎知識をもとに、2022年現在展開されている各社の「グラベルクロス」を紹介。各ブランドごとに正確な名称として「グラベルクロス」とジャンル分けされているわけではないものの、ご協力いただいたワイズロードクロスバイク館イチ押しのモデルを見てみよう!

なんでもできる拡張性の高い一台 マリンバイクス・DSX ベース

価格:10万4500円

前回のグラベルクロス記事でモデルとして登場した「DSXベース」。正式にはグラベルロードのフラットハンドルバージョンであるアルミフレームバイク。ロードジオメトリーを採用しつつも、オン・オフどちらの路面でも軽快かつ安定した走行ができるWTBタイヤや、チェーン落ちを防ぐナローワイドチェーンリングを標準装備。ドロッパーシートポストへの付け替えも可能など汎用性の高い一台。

MTBやグラベルロード用のタイヤを幅広く展開するWTBリドラーは舗装路からダートまでこなすオールラウンドなタイヤだ

問:マリンバイクスジャパン
http://marinbikesjapan.com

カーボンフレームで軽さと速さに太鼓判! トレック・FX スポーツ4

価格:20万2400円

高速のグループライドやトレーニングライドも行えるほど高性能なフィットネスバイク。フレームにカーボンを採用することで、軽量ロードバイクと肩を並べるほどの快適さや操作性を得ている。いっぽうで1xドライブトレインでフロント変速を廃し、変速操作をシンプルに。40Cの太めのタイヤを装備しつつ、フェンダーにも対応。舗装路で速さを追求しつつも、未舗装路にもチャレンジしたくなる一台だ。

トレック独自のカーボン(OCLV400)を採用した軽量なFXスポーツ4(10.74kg/M)。FXシリーズは1~6でフレーム素材やコンポーネントグレードが異なる

問:トレック・ジャパン
https://www.trekbikes.com/jp/ja

クロモリならではの特性を生かす ジェイミス・セクエル S3

価格:10万8000円

街中から野山までアドベンチャーするためのバイク。車道の段差、悪路、砂利道、サイクリングロードなどあらゆる道を走り抜けるための一台。特徴はフレーム素材に4130クロモリを採用している点。鉄ならではの剛性を持たせつつ、キャリアや泥除け装備ほかバイクパッキングに便利なダボを複数配置する。650×47Cタイヤで通勤通学、ロングツーリング、アドベンチャーライドに対応する懐の深いグラベルクロスだ。

ダブルバテッドのクロモリフレームを採用。長距離ツーリングにも対応するタフネスさと細身の美しさをもたらしている

問:ジェイミスジャパン
https://www.jamis-japan.com/

まさかのサスペンションフォーク付き! スコット・サブクロス 30 メン

価格:9万3500円

SUB(サブ)はSPEED UTILITY BIKE(実用性のあるスピードバイク)の略。通勤・通学・買い物などの街乗りバイクとしていくつかのラインアップがあるが、そのなかでサスペンションフォークを搭載しているのがこのサブクロス30メン(廉価版にサブクロス40メンも展開)。6061アルミフレームと700x45Cの極太タイヤのタフさに加えて、サスペンションによる路面追従性のよさや安定感を実現。あえて3×9sの多段ギヤ構成で初心者にもやさしい仕様。ロード乗りあるいはMTB乗りの「サブバイク」にも最適。

SRサンツアーのサスペンションフォーク(63㎜トラベル)採用で凸凹路面も対応。ロックアウト機能付きで、サス機能が不要なオンロードではロック状態にできる

問:スコットジャパン
https://www.scott-japan.com/

こんな形状の注目クロスバイクも! キャノンデール・トレッドウェル 3 LTD

価格:8万5800円

最後にオマケとして紹介するのは「グラベルクロス」ではなく、街乗り用の「クロスバイク」。650B×47Cという太いタイヤを履いているものの、あくまで街中での快適な走行に特化したもの。ある意味グラベルクロスとは別の方向に進化したクロスバイクといえる。ディスクブレーキ採用やフロントシングルという点ではグラベルクロスと同様だが、ハンドルバーがアップライトで体に近い、フレームがまたぎやすいなど、街中走行での使いやすさが光る。

BMXからインスパイアされたハンドルバー。またぎやすいフレーム設計とあいまってアップライトなポジションがとりやすいので、男女問わず使いやすい一台だ

問:キャノンデールジャパン
https://www.cannondale.com/ja-jp

ワイズロードオンラインでは、グラベルロードやグラベルクロスの特集を展開中。気になる方はこちら↓をクリック!

ワイズロードオンラインへ

協力:ワイズロード新宿クロスバイク館
http://ysroad.co.jp/shinjuku-crossbikekan/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load