BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

真のコンペティティブ・グラベルロード「GREVIL F(グラヴィル エフ)」 誕生!|PINARELLO

舗装路も未舗装路も走れるグラベルロードにも多様化が求められる2022年。そんなグラベルロード界において、ピナレロが新たに生み出したのがグラヴィルF。競争力に優れたコンペティションモデルとして君臨する一台が、ピナレロのフィロソフィーを体現する。以下、プレスリリースより。

行きたいところへ100%行ける、コンペティションバイク

ロードバイクをデザインするとき、エアロダイナミクス、重量、ジオメトリー、チューブの厚み、そしてカーボンの選択、これらすべてが完璧な自転車を作るために重要な役割を果たすと私たちは常に考えてきました。そのバランスを取ることは、私たちが長年かけて完成させた芸術であり、ロードバイクでエアロバイクと軽量バイクの区別をしないのはそのためです。グラベルバイクでも、同じアプローチをとりました。新しいGREVIL Fは、あなたが行きたいところへ100%行ける、コンペティションバイクです。 私たちは、それを「FULL GAS EVERYWHERE」と表現しています。

GREVIL Fは、ピナレロ・フィロソフィーの宣言です。私たちの経験、センス、技術をすべて結集し、あらゆる地形に完璧に対応し、舗装路を離れた後も純血のレースマシンのように感じられる、本当にユニークなグラベルバイクをデザインしました。GREVILの最新バージョンでは、真のコンペティションバイクを目指し、エアロダイナミクス性能を向上させながら、バイクの汎用性を高めることに力を注ぎました。

GREVIL Fを形作る数々のシステム

TICRシステム(Total Internal Cable Routing)は、GREVIL Fの空力特性を改善。ダウンチューブのFLATBACK(フラットバック)プロファイルなどの追加機能は空気抵抗を減らし、200kmを超えることもあるグラベルライドの典型的な走行距離において大幅なワットの節約を可能にする。スピードが70km/h、時間平均が30kmに達するなか、消費ワットを節約するごとに少しづつ勝利へと近づいていくのです。

また、GREVIL Fのタイヤクリアランスを50mmに拡大(700Cホイール)し、ライダーがより多様で複雑な地形に挑戦できるよう配慮しています。またGREVIL F専用のシートクランプも開発しました。グラベルライディングでは泥や埃が避けられないため、シートチューブ後部にDOGMAクランプを採用するのは避け、その代わりPRINCEファミリーからヒントを得て、GREVILのクランプをシートポスト前方に配置し、トップチューブに埋め込み、ゴミや埃から安全に遠ざかるようにしました。

ピナレロが開発したこのグラベルレーシングバイクは、タイヤクリアランスを調整しながら、ライダーのニーズに応えるベストなセットアップを見つけることができます。従来のGREVIL(グレヴィル)をベースに、TiCRインターナルケーブルシステムによるエアロダイナミクスの改善、レース・ジオメトリーの最適化に着手し全体的なハンドリングを向上させました。

有機的構想により、すべての人に、同じ性能を体験

GREVIL Fは、設計の初期段階から、サイズに関係なくフレーム固有の特性を維持するために細部にわたって有機的に構想されています。チューブを長くしたり短くしたりするだけでなく、角度を変えたり、セクション全体を見直したりしてひとつのゴールを目指しています。それは、「すべての人に、同じ性能を体験してもらう」ということです。 具体的にはジオメトリーとフォークレークの差別化により、どのフレームサイズでも同じトレイルで同じコントロール性を実現します。

そのほかGREVIL Fのフレームの特徴

・リーチを短く、スタックを高くすることで、伸びやかなポジションを作り出し、より良い快適性とハンドリングを提供
・ シートチューブの角度を大きくすることで、より大きなホイールクリアランスを確保
・フォークアングルとフォークレークの変更により、より良いハンドリングと乗り心地を確保
・ チェーンステー。422~425mm。レスポンスの良さと快適性を両立させる。700C、650Bのホイールに対応

2018年の「グラヴィル」との比較

・BB剛性+ 8%
・4%のエアロダイナミクス向上
・時速40km走行時の5Wセーブ

GREVIL F EKAR 完成車

104万5000円(GREVIL F EKAR 完成車)

フレーム重量:1090g(サイズ53/ペイントなし状態)
フォーク重量:500g
完成車重量:8.55㎏(サイズ53/カンパニョーロ・エカルコンポーネント&フルクラム・ラピッドレッド500ホイール)
※フレームセット販売と他仕様完成車の販売については後日発表(時期未定)

問:ピナレロジャパン
http://www.pinarello.jp/

 

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load