BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

若者たちが四国一周約1,000kmに挑戦、台湾との友好の証のピースを運ぶ

若者応援プロジェクト「四国一周サイクリングChallenge!-2022 summer-」が今年もスタート。このプロジェクトは2018年春から始動。“四国一周したという証明は、 大人になったという証明だ。 ”というコンセプトのもと、四国一周約1,000kmのサイクリングにおける仲間との連携や地元の人との交流を通じた、若者の「大人への成長」を応援している。今回は3組8名の若者たちがスタートした。以下、プレスリリースより。

台湾との友好を示す「ピース」を運んで絆をつなぐ

今回2022年夏のチャレンジにおいて、若きサイクリストたちは四国一周・台湾一周の象徴であり友好の証でもある「ピース」をリレー形式で運びながら、四国一周の達成を目指します。
参加する皆さんには、四国一周チャレンジに向けた熱い思いを記していただきました。

ピースは10cm角のステンレス製・ゴールド仕立て

1組目が8/27(土)に愛媛県庁本館前の四国一周0kmモニュメントをスタート。最終3組目が9/16(金)に愛媛県庁にゴールの予定です。
チャレンジャーの皆さんには、四国一周サイクリングを通じて出会った「風景」や「食」などの写真をSNSで発信していただきます。

そしてチャレンジャーと共に四国一周の旅を終えたピースは、 新たなサイクリストたちに受け継がれ、今度は台湾を一周。サイクリストたちの思いをつなぎながら四国一周と台湾一周をW達成した後、ピースは愛媛に帰還し 四国一周0kmモニュメントの1ピースとして埋め込まれる予定です。

チーム名「RCTCにねんず」

チーム名「関西大学自転車部ツアー班」

チーム名「双輪会の端くれ」

四国一周0kmモニュメントについて

(一財)自転車新文化基金會(会長:羅祥安<トニー・ロー>)の協力を得て制作され、 2022年3月、 愛媛県庁本館前に設置しました。 四国一周チャレンジのスタート地点を示すと同時に、 四国一周サイクリングルート誕生のきっかけとなった台湾との交流の証でもあります。

四国一周サイクリングとは

四国では美しい自然景観や食文化、遍路で育まれたおもてなしの文化など、サイクリングに適した地域資源を活かして、サイクリストを中心に国内外から誘客を図り、交流人口の拡大や地域活性化に取り組んでいます。

その一環として、プロサイクリスト監修のもと約1,000kmの一周ルートを設定し、2017年11月から事前エントリー制の「四国一周サイクリング CHALLENGE 1,000kmプロジェクト」を開始。2022年8月現在4,033名がエントリー(うち1,574名が完走、 80名が四国一周・台湾一周W達成)してサイクリングを楽しんでいただいています。

 

四国一周サイクリング公式ホームページ
https://cycling-island-shikoku.com/

CHALLENGE 1,000kmプロジェクト
https://cycling-island-shikoku.com/challenge_1000.html

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load