BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

キャノンデールでキャノンボール! 大阪から東京まで約500kmを走ったバイク

大阪から東京まで約500kmライドに編集長 山口がチャレンジ。山本和弘さん(カズさん)とともにキャノンボールをイメージして走ってみた。いつかはやってみたい500kmのチャレンジ、その道中の楽しみや本物のキャノンボールのノウハウをお届けする。
今回、キャノンボール風に走るにあたり、用意したのはキャノンデール。このスーパーロングライドを走るのに、シナプスは最適な一台だ。最新のレーダーや気になるバッテリー搭載のスマートセンスを試してみた。

スーパーロングライドを安全に走るための装備とは?

スーパーロングライドではライトが欠かせない。さらにGPSやスマホもバッテリーが欠かせない。今回の大坂-東京ライドではシナプスに搭載されたスマートセンスを試してみた。

山口のバイクにはガーミン・バリアレーダー搭載モデルを使ったが、疲れているときにこの機能は有効だ。とくに、交通量が少ない場所で、うしろから不意に急接近してくるクルマに気づけるのがよかった。
また、ライトについてはモードを細かく設定できるので、節約するところと使うところを分けられるのがいい。オートセンサーなのでいちいち立ち上げる手間が不要なのもうれしいところだ。今回は2日間に分けての行程だったので、途中宿泊地での充電が可能だったが、もし24時間で走り切るとなると予備バッテリーを持っていくことをオススメする。

カズさんはオルケースのトップチューブバッグを使いバッテリーを収納し、ワフー・エレメントに給電していた

編集長 山口はシナプスカーボン2RLを使用

cannondale SYNAPSE CARBON2RL
(キャノンデール・シナプスカーボン2RL)

こちらはガーミン・バリアレーダー搭載モデル。コンポーネントはシマノ・アルテグラ11速となる。今回、ホイールのみを交換し、この仕様で走った。

レーダーはテールライトと組み合わせたデザイン
ガーミンの右わきに白い〇が接近するクルマの台数とライダーまでの距離を表す。アラートは音と画面の色、そしてフロントライトのパターンを変化させることでお知らせ。接近具合は緑は安全。黄色と赤色は接近スピードによって色が変化する

ガーミン Edge830(センサーセット)

ログに加え、ナビ機能を使うならエッジ830。レーダーにも対応する。ルートデータは小分けにすると動作が速くなる。

サドルバッグとレーダーは併用できる

バリアレーダー搭載でもゴープロの延長アダプターを使えば、サドルバッグを取り付けられる。本誌の以前の付録、トップチューブバッグ、フロントバッグを取り付けた。ボトルは真空断熱ボトル、サーモス・FJP-600。

カズさんはシナプスカーボン3Lを使用

cannondale SYNAPSE CARBON3L
(キャノンデール・シナプスカーボン3L)

カズさんが乗ったのは3L、レーダーなしのモデル。コンポーネントはシマノ・105仕様。トップチューブとフレームにバッグを取り付けて走った。

バッテリーはダウンチューブのこの位置に取り付けられ、簡単に取り外しできる。充電はUSB Type-Cで充電できる
ライトの制御にキャノンデールのアプリをスマホに入れる。GPSを使ったライドの記録から、バイクの管理、ライトの調整もできる。ライトのパターンは基本4モードあり、ぞれぞれ好みでカスタムできる。さらに暗い場所で自動オンや低電力モードなども選べる
ライトはレザイン製。足元を明るく照らしてくれるので、路面状況を把握しやすい

タイヤはパナレーサー・アジリスト、ホイールはシマノ・アルテグラ

2人ともホイールはシマノ・アルテグラ、タイヤはパナレーサー・アジリスト700×28Cクリンチャーを使った。カズさんは50㎜ハイトリムにノーマルのアジリスト、山口は36㎜ハイトリムに耐久性の高いデュロ。

シューズはロード用、それともMTB用?

カズさんはシマノ・SPDペダルにラファのシューズを着用。ビンディングの着脱のしやすさ、歩きやすさを考えるとSPDシューズのほうが便利だ。

走ったのはこの二人!

バイシクルクラブ編集長/山口博久

35歳のとき、乗鞍ヒルクライムで1時間切りを目的にレース活動を再開。ロード、シクロクロスでは国内トップカテゴリーを走った経験をもつ47歳。1日で走った最長距離は東京-名古屋の400km。2日で500km超は初挑戦。

キャノンデール・ジャパン/山本和弘さん

MTBクロスカントリー、ロードレース、シクロクロスで活躍した元エリートライダー。弟はMTBクロスカントリーで活躍した山本幸平選手という自転車一家に育った。その朗らかな性格から「カズさん」の愛称で親しまれる。

※この記事はBiCYCLE CLUB[2022年5月号 No.443]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

Info

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x