BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

特別講師は中根英登選手! 新城市立八名中学校で講演を実施|EFエデュケーション・イージーポスト

11月2日(水)、愛知県新城市にある新城市立八名中学校の1、2年生を対象に中根英登が特別講師として講演を行った。以下、プレスリリースより。

自転車選手としての道のり、チャレンジすることの大切さ

2026年に愛知県で開催されるアジア競技大会における自転車ロードレース競技の開催有力候補地が愛知県新城市という事に伴い、中根が愛知県出身のプロ自転車ロード選手であり、2018年にインドネシアで開催されたアジア競技大会に出場し日本代表チームの銀メダル獲得に貢献、現在も世界トップカテゴリーのチームで各国で開催されている国際レースに参戦している事から、新城市からの依頼で特別講師として講演を行いました。

また今回の特別授業のテーマに興味を持って頂いたグローバル企業であるEF Education first japan にも参加していただきました。

中根英登選手のコメント

私が中学・高校のときにやっていたスポーツはサッカーで苦手な教科は英語。当時の私からはプロ自転車ロード選手である今の自分は全く想像していませんでしたが、自転車ロードレースの漫画が私の興味を誘い、新しいスポーツにチャレンジするきっかけとなりました。

大学に入学してから自転車競技を本格的に始め、学生のときには競技だけでなく就職活動や教員採用試験を受けたりと多くのことにチャレンジしながら、その中で失敗もたくさんしながら、卒業後に進んだ道はプロ自転車ロード選手でした。

国内にとどまることなくより高いレベルで自分の知らない世界を求めて海外籍のチームへ移籍。さらに強くなるために追求し続けた結果、世界トップカテゴリーのチームの選手にまでなる事ができました。

私にとっては自転車競技という新しい事へ勇気を出してチャレンジしたことをきっかけに、そのチャレンジの中で学生の頃からプロの自転車ロードレースチームで走らせてもらえた経験が私の人生を大きく変えることになりました。

自転車競技のお陰で色んな世界に行く事ができて、さまざまな国の人とコミュニケーションが取れるようになった事で、それまで日本と日本語しか知らなかった自分の視野や価値観が一気に広がりました。

勉学でもスポーツでも芸術でも何でも良いので、何かに興味を持ちやってみたいかもと思う事が出てきたら、迷う事はあってもチャレンジしてみてほしいと思います。

そういったチャレンジを通じて成長し、新しいコミュニティや仲間ができて、それが大きな財産になっていくでしょう。実際に私が学生時代にチャレンジしてみた事によって多くの仲間とつながる事ができて、今の私があります。

EFエデュケーション・イージーポスト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x