BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【さいたまクリテリウム速報】ツール覇者ヴィンゲゴー × 弱虫ペダル・渡辺 航先生による対談が実現!

「J:COM presents 2022ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」を翌日に控えた11月5日(土)、本戦出場選手を交えた特別イベントがさいたまスーパーアリーナで行われた。イベント内では、ツール・ド・フランス2022個人総合優勝のヨナス・ヴィンゲゴー(ユンボ・ヴィスマ)と弱虫ペダルの原作者・渡辺 航先生による対談が実現。

渡辺先生とマイヨジョーヌの対談の模様をお伝えします。

Photo: Ryo KODAMA

夢の対談! ヨナス・ヴィンゲゴー × 渡辺 航!

対談が始まると早速、渡辺先生が今年のツール・ド・フランスの名場面を振り返りながら大ファンであることを力説。すっかり打ち解けたところで、渡辺先生からチャンピオンに質問が投げ掛けられる。

「2022年のツール・ド・フランスを漫画に例えると、物語の主人公であったか」と先生ならではの質問が飛び出す。微笑を浮かべながら、「おそらく主人公であったよ」と答えたヴィンゲゴー。これには場内大笑い。

Photo: Ryo KODAMA

その他、「実在する選手を漫画のキャラクターとして挙げると?」との質問には、ユンボ・ヴィスマのステフェン・クライスヴァイクや今年のツールで激闘を繰り広げた良きライバル、タディ・ポガチャルが良いのではとコメント。

Photo: Ryo KODAMA

終始笑いの絶えないあたたかいやりとりがなされると、あっという間に終了時間へ。
最後は渡辺先生からヴィンゲゴーへ直筆の似顔絵をプレゼント。このサプライズに満面の笑みで感謝を伝えたヴィンゲゴーは、続く前夜祭へとステージを後にした。

Photo: Ryo KODAMA

明日はいよいよ3年ぶりのツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが開催される。ヴィンチェンツォ・ニバリ、アレハンドロ・バルベルデの引退セレモニーも控えるなど、またとないイベントになるだろう。当日のレース、イベントの模様は追ってお伝えするので、楽しみにお待ちいただきたい。

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load

x