BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

JCLアワード開催、個人総合優勝の小野寺が世界に一つだけの330万円の高級時計を獲得

12月12日(日)、「三菱地所 JCL プロロードレースツアー 2022」の年間表彰を行う「2022 JCL AWARDS」アワードが開催された。JCLの4賞ジャージを獲得した選手、チーム総合優勝の表彰をはじめ、今シーズン引退する中島康晴のセレモニーも行われた。

今回の目玉の一つ、個人総合賞を獲得した小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)にはJCL 公式タイムキーパーであるCVSTOSより世界にひとつしかない「2022 イエロージャージチャンピオンウォッチ、330万円相当を贈呈。会場ではワールド通商の河合寿也社長から小野寺に直接手渡された。

ファン感謝祭としてファンがプレゼンターに

左から片山右京JCLチェアマン、小石祐馬(チーム右京 相模原)、小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)、渡邊諒馬 (VC福岡)加藤康則JCL代表取締役社長

2022シーズンはイエロージャージ(個人ランキングトップ)、そしてブルージャージ(スプリント賞)は小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)、さらにレッドジャージ (山岳)はネイサン・アール(チーム右京 相模原)、ホワイトジャージ(新人賞)は渡邊諒馬(VC福岡)の各選手が獲得した。今回のアワードでは、帰国中のネイサンはオンラインでの出席となった。さらにチーム総合優勝にはチーム右京 相模原を代表して小石祐馬が登壇。選手たちはリーグのスポンサーでもある三菱地所の大野郁夫執行役常務から花束の贈呈があったほか、プレゼンターの権利を獲得したファンの代表からトロフィーが授与された。

JCL各賞リーダージャージ表彰

イエロージャージ(個人ランキングトップ) 小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)

このイエロージャージについてはチームメイトの増田成幸と争ったのではなく、ケガをして出られなくなっしまったそのあとを引き継ぎ責任感で守ったということを強調した小野寺。授与されたCVSTOSはギリシャ神話の「時の守護神」に由来しているという話を河合寿長から聞き、「時計を身に着けることで、より速く走れるスタンド能力を身に着けたということすね」と大好きなジョジョの奇妙な冒険になぞらえてコメントをし、場内の笑いを誘った。

ブルージャージ(スプリント賞) 小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)

シーズン頭にブルージャージを獲得、今シーズン終始ブルージャージを着続けた小野寺は「JCLのブルージャージといえば小野寺と思ってもらえるよう来年も狙います」と3年連続スプリント賞獲得に意欲を見せた。

レッドジャージ (山岳) ネイサン・アール(チーム右京 相模原)

今回ビデオメッセ―ジでの参加となったネイサン。来シーズンはJCL TEAM UKYOで走ることが決まっている。

ホワイトジャージ(新人賞) 渡邊諒馬(VC福岡)

「序盤は結構調子よかったが、そこからいろいろ波があって大変だったこともあり獲得できてうれしい」とコメントする渡邊。

チーム総合賞 チーム右京 相模原

今シーズン6勝をあげたチーム右京 相模原。「今シーズンは大成功で、UCIアジアランキングでも2位を獲得できました」とチームを代表してコメントする小石佑馬。

気になるJCL TEAM UKYO、中東のビッグレースに挑戦も発表

今回、サプライズとして次期JCL TEAM UKYO清水裕輔監督(現宇都宮ブリッツェン)も登壇した

片山右京JCLチェアマンからは来年度からスタートする選抜国際チームJCL TEAM UKYOについてのさらなる言及があった。ビッグニュースとしてワールドツアーチームも多数参加する中東でのレースへの参加の可能性があることも発表された。このほか、JCLしては来年のレーススケジュールは発表できないとしながらも加藤康則JCL代表取締役社長が、東京駅近くでのレース開催をほのめかすといったサプライズもあった。

中島康晴引退セレモニー

UCIレースで9勝、個人総合優勝が3回、ステージ優勝6回という輝かしい成績を収めた中島

今シーズン前に引退を表明していた中島康晴の引退セレモニーも行われた。「長い選手生活でしたが本当ありがとうございました。皆さん思う支えられ16年続けくることできました。レース中にファン一言、『中島選手頑張って』っていうをかけてくれると、まわりの観客が応援していい思うですその聞いたまわ選手応援してくれます。なので皆さんが声を掛けくださったことが自分たち選手にとって大きなになります。ありがとうございました」とファンへの感謝のメッセ―ジで締めくくった。このあとの進路は具体的に発表できる段階ではないが、マイクを通して自転車の魅力を発信していきたいという。

中島康晴 (KINAN Racing Team)を見送る各選手、今回小石祐馬(Team UKYO SAGAMIHARA)、孫崎大樹(Sparkle Oita Racing Team)、小野寺 玲(宇都宮ブリッツェン)、阿曽圭佑(ヴィクトワール広島)、谷 順成(那須ブラーゼン)、渡邊諒馬 (VC福岡)、鈴木史竜(レバンテフジ静岡)、高木三千成(さいたまディレーブ)の各選手、片山右京JCLチェアマン、加藤康則JCL代表取締役社長が参加した。

 

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load