BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

国内トップチームが参戦! 2月18日に東京・丸の内でナイトクリテリウムを開催|JCL

自転車ロードレースのプロリーグを運営するジャパンサイクルリーグ(JCL)が、東京丸の内行幸通りエリアで、自転車ロードレース「GRAND CYCLE TOKYO 丸の内クリテリウム presented by フィナンシェ」(丸の内クリテリウム)を開催することを発表した。同日にはJCLチェアマン、片山右京氏をはじめ、川淵三郎氏、元警視総監 樋口氏、国土交通省 金籠氏によるシンポジウムも併催される。以下、プレスリリースより。

GRAND CYCLE TOKYO 丸の内クリテリウム開催決定!

自転車ロードレース「GRAND CYCLE TOKYO丸の内クリテリウム presented by フィナンシェ」(丸の内クリテリウム)を開催することを決定いたしました。2020 東京オリンピック・パラリンピックで自転車全競技の運営責任者を務めたJCLチェアマン片山右京が、レインボーブリッジを封鎖して行われた自転車イベント「GRAND CYCLE TOKYO」の一環として、東京都の後援を受け実施いたします。

シンポジウムでは、JCL名誉顧問 川淵三郎氏や顧問 樋口建史氏(元警視総監)、自転車活用推進本部事務局次長 金籠史彦氏をお呼びして、「モビリティそしてスポーツとしての自転車を取り巻く環境」、「スポーツと WEB3」といった最新のテーマを議論・発信します。さらには、JCLのトップパートナーである三菱地所株式会社(三菱地所)とJCL両社の長期的な目標である「全世界から注目される丸の内エリアでの国際レース開催」に向けた第一歩となるレースイベントとなります。なお、当日は、2020 東京オリンピックの日本代表選手である増田成幸がキャプテンを務める、日本国籍チームとしては初めてのツール・ド・フランス出場・勝利を目指す JCL TEAM UKYO も参戦して、レースを盛り上げます。

レースは、日没の時間帯で開催され、光や音の演出と合わせて、大都市のビル群をバックに、日本の10以上のトップチームがハイスピ―ドで駆け抜けます。それはまさに、「街がスタジアム」になる新しいスポーツコンテンツです。(なお、“クリテリウム(critérium)”とは短い距離での周回/サーキット系レースを示すフランス語)

 

GRAND CYCLE TOKYO 丸の内クリテリウム presented by フィナンシェ

開催日時:2023年2月18日(土)13:00~22:00 ※道路封鎖時間 12:00~20:00
主催:一般社団法人ジャパンサイクルリーグ
運営:株式会社ジャパンサイクルリーグ
後援:三菱地所株式会社、東京都、経済産業省(予定)、自転車活用推進本部、スポーツ庁(予定)、千代田区、一般社団法人 e-Mobility 協会、三菱自動車工業株式会社、日産自動車株式会社、株式会社共同通信社、日の丸自動車興業株式会社
協 賛:株式会社フィナンシェ

スケジュール

【13:00~16:00】丸の内 e-mobility WORLD
・最新の電動自転車の展示と体験会
・電気自動車からの給電・充電デモ

【14:00~16:00】
・TOKYO モビリティサミット
世界に誇れる自転車(モビリティ)環境をめざして
日本選手が世界のトップに立つために
・スポーツ WEB3 の最前線
WEB3企業であるフィナンシェ社とその可能性・未来を片山右京が探る
※下記シンポジウム会場で実施予定

【17:00~19:00】
GRAND CYCLE TOKYO 丸の内クリテリウム
・世界に挑戦する日本国籍プロチームを中心としたナイトレース

【20:00~22:00】
JCL TEAM UKYO ファンミーティング
・日本トップライダーが集結したドリームチームとファンとの交流会

会場

【レース】
東京都千代田区丸の内 行幸通り特設周回コース(東京都千代田区丸の内1丁目/都道皇居前東京停車場線404号)
【シンポジウム】
Have a Nice TOKYO!(東京都千代田丸の内 2 丁目 2 三菱ビル 1階)

ジャパンサイクルリーグ 片山右京チェアマン コメント

「日本で自転車競技を応援してもらい愛してもらえるようになるためにはまず、日本が抱えている文化・モビリティなどの問題を解決していかなければいけないと思っています。そのためには、安全啓発やプロモーションはもちろんですが、実際にプロレースを見てもらわなければ始まらないことがあります。丸の内クリテリウムは、日本の首都である東京丸の内でレースができることが、多くの方に自転車競技・ロードレースと触れ合っていただく機会となり、有識者が集まって自転車の未来を語るシンポジウムも実施できるため、自転車業界にとって大きな一歩になります。自転車がムーブメントになり、日本中はもちろん、日本から世界に発信していく機会となるよう三菱地所さまと一緒につくりあげていきます」

競技者としてレース出場経験もある片山

片山右京

1963年生まれ、東京都新宿区出身。
92年に全日本F3000選手権でシリーズチャンピオンを獲得し、92年〜97年までF1にレギュラー参戦。日本人最多出場を記録する。98年以降もル・マン 24時間レース(99年に2位)、パリ・ダカールラリーといった国際大会に出場。また、登山家としての顔も持ち、96 年モンブラン、98年キリマンジャロ登頂をはじめ、7大陸中6大陸の最高峰を制覇している。
2012年に自転車チームも発足し、国際レースへの参戦を開始。2020年ジャパンサイクルリーグを設立しチェアマン就任。同時に、2020東京オリンピック・パラリンピックで自転車全競技の運営責任者も務めた。2022 年には「日本国籍のチームとして史上初めてツール・ド・フランスに出場し、表彰台に登ること」を目指す「JCL TEAM UKYO」発足を発表した。

JCL TEAM UKYO

チーム代表: 片山右京
総監督: 橋本聖子
公式サイト: https://jcl-team-ukyo.jp/mission/

JCL公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load