BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【金砂ふるさと体験交流施設 かなさ笑楽校】温泉×ヒルクライムを満喫|茨城県サイクリスト宿泊プラン2023

“サイクリストにやさしい宿”として話題の茨城県のホテルや旅館が、本誌でもおなじみのサイクリストをアドバイザーに迎え、サイクリスト向け宿泊プランを企画。今回の記事では、茨城県常陸太田市「金砂ふるさと体験交流施設 かなさ笑楽校」のおすすめ宿泊プランをピックアップ!

奥久慈里山ヒルクライム満喫プラン

宿泊当日9時からウェルカムプロテインバーと金砂の湯の入浴し放題チケットがもらえる。金砂の湯で食事をするとソフトクリームをサービス! 夕食はボリュームあるバーベキューだ。

条件

1泊2日(夕食付き)奥久慈里山ヒルクライム満喫プランの利用

特典

ウェルカムプロテインバーと夕食BBQ。さらに金砂の湯に2日間入浴し放題

料金

1泊朝夕食付き(1名) 6,500円(税込)〜

温泉&ランチでヒルクライムを満喫!
特製リストバンドも用意。ソロでもイベント的に楽しめる
宿泊者にはウェルカムプロテインバーをプレゼント

大浴場付きでヒルクライムしよう!

おすすめルートもあるよ!

茨城県北の奥久慈は里山が広がり、ヒルクライム好きには楽しいエリアだ。なかでも、常陸秋そばで有名な奥久慈・金砂郷にあるそば街道。その起点になる「かなさ笑楽校」が昨年に続き、新たな宿泊プランを準備した。

宿泊プランを利用すると1泊2日の滞在中、金砂の湯を何度でも入浴できる特典がもらえる。そば街道や篠さん推奨のルートも走り、いったん金砂の湯で汗を流してランチ休憩。館内の食事処「遊膳さくら」は、そばはもちろんカレーもオススメだ。かなさ笑楽校はチームやグループでの宿泊に最適で、夜はBBQで盛り上がれる。そして2日目もライド終わりは金砂の湯へ。篠さん推奨のルートは、全長14kmのそば街道ループに加えて、かなさ笑楽校から竜神大吊橋方面へと続く県道36号線のクライムルートだ。

特製リストバンドで金砂の湯へ

かなさ笑楽校から約2kmほどの場所にある金砂の湯。良質な肌にいいといわれる西金砂天然水を汲み上げた温浴施設でライドの疲れを癒せる。プラン利用者には特製リストバンドが配布され金砂の湯を利用できる
金砂の湯で汗を流して着替えても、かなさ笑楽校までの距離は近いので移動も快適
金砂の湯館内の食事処「遊膳さくら」で食事(別料金)をすると、ソフトクリームをサービス

施設情報

金砂ふるさと体験交流施設 かなさ笑楽校

常陸太田市下宮河内町820
Tel.0294-76-9899

笑いと楽しいことが絶えない新しい体験ができる「金砂ふるさと体験交流施設 かなさ笑楽校」
下駄箱など当時の学校をそのまま残す玄関にサイクルラックを置き、愛車を室内保管
学舎をそのまま残し、教室は快適に宿泊できるようにリノベーションされている。広い校庭ではキャンプもできる

「金砂ふるさと体験交流施設
かなさ笑楽校」
公式サイト

 

  • アドバイザー/篠さん
    数々のヒルクライムレースで優勝経験があり、MTBやグラベルライドも楽しむ本格派インフルエンサー。まだ見ぬ峠道を探すことがライフワーク。

出典

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load