BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

第10回記念大会「ツール・ド・東北 2023」、今年は9月16日、17日に開催決定

ヤフー株式会社と株式会社河北新報社が、東日本大震災の復興支援および震災の記憶を未来に残していくことを目的とした自転車イベント「ツール・ド・東北 2023」の開催日を発表。2023年は9月16日(土)、17日(日)にイベントを開催する。昨年より規模を拡大し、5コース(約2100名)で募集を実施。4年ぶりにグループライドを開催するほか、気仙沼までエリアを拡大する。なお、エントリ―の詳細は3月28日(火)に公式サイト等で発表予定だ。以下、プレスリリースより。

昨年より大会規模を拡大、約2100名のライダーを募集

コロナ禍では「ツール・ド・東北 2020」を中止とし、その翌年の「ツール・ド・東北 2021 特別大会」は、オンラインのみの開催となりました。昨年の「ツール・ド・東北 2022」では、3年ぶりにリアルイベントの開催が実現されました。今年の第10回記念大会「ツール・ド・東北 2023」は、昨年の2コース、参加ライダー約1,500名から大会規模を拡大し、2日間合計5コース、参加ライダー約2,100名募集します。また、2019年大会から4年ぶりに東松島を含むグループライドや気仙沼までのロングライドを開催します。

スタート/ゴール会場は、昨年のセイホクパーク石巻(石巻市総合運動公園)から変更し、第1回からメインの舞台としていた石巻専修大学に戻ります。会場では、ライダー以外の方々も楽しめるイベントや飲食ブースなどを用意します。

大会キャッチコピーについて

ツール・ド・東北では、地元の方たちの「来てくれてありがとう」と、被災地を元気づけたいライダーの「応援してくれてありがとう」という、心の交流の風景がいたるところで見られます。それが「応援してたら、応援されてた」という大会キャッチコピーとなりました。

「ツール・ド・東北」は、自転車を通して被災地の現状や、復興への道のりをお伝えしながら、東北の魅力を感じていただけるイベントを目指していきます。

イベント概要

ツール・ド・東北 2023

開催日、コース

■2023年9月16日(土) 大会1日目
実施コース:1コース
「奥松島グループライド&ハイキング」

■2023年9月17日(日) 大会2日目
実施コース:4コース
石巻発 210km 「気仙沼フォンド」
石巻発 150km 「南三陸フォンド」
石巻発 100km 「北上フォンド」
石巻発 65km 「女川・雄勝フォンド」

会場

石巻専修大学(スタート&ゴール地点)

走行エリア

宮城県石巻市・気仙沼市・東松島市・女川町・南三陸町

募集人員

約2,100名(1日目約100名、2日目約2,000名)
※エントリーの詳細は、3月28日(火)に公式サイト・SNSでお知らせします。

「ツール・ド・東北」開催の目的

東日本大震災の復興支援、および震災の記憶を未来に残していく。

「ツール・ド・東北」公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load