BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

フロート構造の静音ハイブリッドローラー「MINOURA LiveRide FG550A」を発売|フカヤ

MINOURA(ミノウラ)から新製品が登場。新型ハイブリッドローラー「LiveRide FG550A」がラインアップに加わった。フロート構造を採用して静音性を高めたフラッグシップモデルで、フカヤ専売品として発売される。以下、プレスリリースより。

さらなる静粛性を追求、進化を遂げた新型ハイブリッドローラー

2015年にMINOURA初のハイブリッドローラーとして発売された「LiveRide FG540」は、2018年に「LiveRide FG542」へのモデルチェンジを行い、着実に技術の蓄積を製品に生かしてきた。
FG540からFG542へのモデルチェンジが「改良」であったとすれば、今回のFG550Aは「進化」を遂げたといえる。

静粛性への自信

製品名にある“A” は アブソーブ(減衰) の略称であり、ハイエンド三本ローラー「LiveRoll R820A」にも冠しているそれは、静粛性追求に対するMINOURAの自信の表れだ。

後輪を載せるローラーユニットがフレームと独立しており、ゴムダンパーによって本体からフローティングさせることで、床へ振動が伝わることを防いでいる。

実際に各トレーナーと比較したところ、静かと定評のあるFG220に対して32%〜28%、前モデルのFG542に対しては、なんと50%〜75%も動作振動が低下するというデータが得られた。

耐久力を高めた負荷ユニット&実用的な負荷レンジ

FG550Aでは負荷ユニットの軸受部分を新規設計し、絶対的な精度と耐久性を獲得。各負荷レンジのセッティングも改良され、より実用的な負荷量を選択可能となった。

傾斜調整機構の搭載

ハイブリッドローラーは後輪を固定しないため、実走に近い感覚が得られる一方、水平に設置しないと後輪が左右にずれてしまう問題があった。これを解決するために、FG550Aでは後部ユニットにアジャスター脚、フォーク受け部に角度調整機構を追加。15mmピッチで3段階の高さ調整と、左右3度ずつの角度調整が可能となり、ベランダ等の水勾配がある場所にも水平に設置することができる。

前フォーク受けは軽量モデルのFG220と同じ折りたたみ機構を取り入れており、コンパクトに収納できる

製品情報

LiveRide FG550A

価格:63,800円(税込)

SPEC

重量:11.8kg
本体サイズ:長さ129〜155.5cm x 幅79cm(前足展開時) x 高さ50cm
収納サイズ:長さ58cm x 幅27.5cm x 高さ23cm
負荷装置:5段階
対応タイヤサイズ:700c、26〜29 インチ(最適:700x20c〜29×2.3 インチ)
適合ホイールベース:950〜1200mm
対応規格:9mmQR、12/15mm スルーアクスル (エンド幅100mm)
※エンド幅110mmはオプション対応
付属品:12mmフロントスルーアクスルアダプター(付属)
入荷状況:2023年5月頃入荷予定

 

問:フカヤ
https://fukaya-nagoya.co.jp/

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load