BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

全日本個人タイムトライアル、男子エリートは小石祐馬が日本チャンピオンに

6月23日から25日の3日間、静岡県伊豆市にある日本サイクルスポーツセンター(以下、日本CSC)で、男女エリートおよびU23、マスターズ、パラサイクリングカテゴリーのロードレース全日本選手権が開催されている。

大会初日となる6月23日は男女それぞれのU23およびエリート、そしてパラサイクリングカテゴリーの個人タイムトライアルが開催され、男子エリートでは小石祐馬(JCL TEAM UKYO)が、男子U23では地元・静岡県出身の寺田吉騎(シマノレーシング)が、女子エリート+U23ではU23世代の石田 唯(早稲田大学)が女子全体トップでフィニッシュし、それぞれ優勝を飾った。

前日の雨天から一転し、好天の中での開催となった大会初日

6月23日から25日の3日間、静岡県伊豆市にある日本CSCで男女エリートおよびU23、マスターズ、パラサイクリングカテゴリーのロードレース全日本選手権が開催。
大会初日となる6月23日は男女それぞれのU23およびエリート、そしてパラサイクリングカテゴリーの個人タイムトライアルが開催された。

前日の試走段階では雨が降り続けた日本CSCだが、レース当日朝には雨も上がり、午前中は雲がまだ残るものの午後には太陽による強い日差しが照りつけた。
男子エリートのスタート前には急きょ各チームスタッフによる選手への水かけが許可され、ホームストレートで選手へ水をかけるシーンが見られるほど、好天の中でのレースとなった。

男子U23は地元静岡県出身の寺田吉騎(シマノレーシング)が優勝

この日最初のレースとなったのは男子U23。
15名の選手がエントリーし、WAVE1として8名の選手が、WAVE2として7名の選手がスタートする形で組み分けされての開催となった。

レースは9時00分に第1走者である菅野蒼羅(日本大学)がスタートを切り、WAVE1として8名の選手が1分間隔(5番目出走の津田悠義(キナンレーシングチーム)のみ前後2分間隔)でスタートを切る。
1周目を終えた段階で津田がトップに立つが、2周目後半から徐々にペースが落ちていく。一方、2番目にスタートした伊藤 恭(群馬グリフィン)が安定したラップで徐々に津田へと迫る。
しかし、津田が前半で作ったタイム差を逆転するまでには至らず、津田が暫定1位、伊藤が暫定2位、山口瑛志(レバンテフジ静岡)が暫定3位でWAVE1を終了する。

津田悠義(キナンレーシングチーム)
伊藤 恭(群馬グリフィン)
山口瑛志(レバンテフジ静岡)

10時00分にWAVE2最初の走者となる篠﨑蒼平(東京大学)がスタートを切ると、WAVE2で2番目のスタートとなった天野壮悠(シマノレーシング)が1周目を終えて津田のタイムを上回り、暫定1位で2周目へと入る。
さらに、昨年の大会で2位に入り、今大会では最終走者となる神村泰輝(早稲田大学)がトップタイムを更新し、暫定1位で2周目へと入っていく。

天野壮悠(シマノレーシング)
神村泰輝(早稲田大学)

天野や神村が前半から積極的にペースを上げていくが、天野は2周目に、神村も3周目にラップタイムを落としてしまう。
そんな中、最後から2番目出走となった寺田吉騎(シマノレーシング)が後半になってもペースが落ちず、徐々に暫定順位を上げていく。

寺田吉騎(シマノレーシング)

そして、最終周回の中間計測で寺田が暫定1位に立つと、そのままの勢いでフィニッシュを迎え、寺田が逆転で男子U23カテゴリーでの個人タイムトライアル優勝を飾った。

寺田は優勝した感想を聞かれると、「自分でもびっくりしています」と自身の優勝に驚く。

寺田は今シーズンあまりレースでの活躍を見せていなかったが、「シーズン序盤にタイ合宿でしっかり乗り込む中、そこで体調を崩してしまって。復帰できたのが4月中旬ぐらいで、この2カ月間いろいろなレースがありましたが、僕はこの全日本選手権に集中してコンディションを持っていくことができたので良かったと思います」とシーズン序盤にコンディションを崩していたこと、そこから全日本選手権をターゲットに調整していたことを明かす。

「WAVE1で暫定トップのタイムを出した津田選手のタイムを意識して走りました。前半から飛ばしてしまうと後半タイムが落ちてしまっているという話を聞いていたので、後半もペースを維持できるように、パワーメーターの値を確認しながら出し過ぎないように気をつけて走っていました」と、ペース配分を意識していたという。

静岡県袋井市出身の寺田にとっては地元県での開催となった全日本選手権、そしてその地元で全日本チャンピオンとなったわけだが、「地元静岡県で開催された全日本選手権で優勝することができ、本当にうれしいです」と語る。

個人タイムトライアルではあるものの、ノーマルバイクでの出走を選択した寺田は、「ロードバイクにDHバーをつけ、ディープホイールで走りました。結果的にはこの形が自分には合っていました、下りで攻めるよりも上りでタレないことが大事だと思っていたので。フロントは55T、リアは30Tを選択しました。スタート前は重たいかなとも思っていましたが、一度もインナーに落とすことなくいけたので、踏み切れたのでよかったかな、ギヤ比選択もばっちりだったかなと思います」と自身の機材選択が見事に的中したと語ってくれた。

石田 唯(早稲田大学)が全体トップのタイムを出し優勝

男子U23のレースの後、女子エリート+U23の混走でレースがスタート。
優勝候補の與那嶺恵理(ヒューマンパワードヘルス)がDNSとなったこともあり、どの選手にも優勝のチャンスが舞い込む形となった。

9時1分に第1走者である簑原由加利(日本ろう自転車競技協会)がスタートを切ると、與那嶺がDNSとなった関係で最終走者となった石田 唯(早稲田大学)が1周目からトップタイムを出し、暫定トップに立つ。

石田 唯(早稲田大学)
垣田真穂(早稲田大学)
大蔵こころ(早稲田大学)

石田はその後もトップタイムをキープし続け、一度も順位を落とすことなくそのままトップタイムでフィニッシュを迎え、U23だけでなく、女子全体での優勝を飾った。

石田は「ロード種目でナショナルチャンピオンになったことがなく、今シーズンはここ(全日本選手権)を目標に練習をしてきたので、優勝することができてうれしいです」と狙いどおりのタイトル獲得となったと語る。

「このコースはアップダウンが厳しく、最初から飛ばしてしまうとタレてしまい、戻すことができないと思っていました。なので、パワーメーターを見ながらペースを刻みました。(1周目完了時点でトップだという声は)聞こえていました。1周目は抑えたつもりで、トップタイムだったのは予想外だったんですけど、逆に調子が良いということが分かったので、タレないように気をつけて走りました。応援してくれる方々がたくさんいるので、しっかり出し切るだけだなと」と自身の想定よりも調子が良かったという。

寺田同様、ノーマルバイクでの出走を選択した石田だが、「機材に関しては、2カ月前から普段のロードポジションにDHバーをつけるだけと決めていました。6月頭に学生TTがあるはずだったのでタイムトライアル用バイクも準備はしてましたが、CSCのコースではロードバイクの方が良いかなと考えて、DHバーのみつける形も準備をしていました。ギヤもフロント52-36、リアは11-30で、普段のロードと全く同じです」と準備段階から決めていた形だったと教えてくれた。

小石祐馬(JCL TEAM UKYO)が全日本エリート悲願の初優勝

女子のレースの後、パラサイクリングの各カテゴリーレースを挟み、13時30分からレーススタートなった男子エリート。
22名の選手がエントリーし、11名ずつWAVE1とWAVE2に組み分けされたレースは、13時30分にロードレースでの元全日本チャンピオンである佐野淳哉(マトリックスパワータグ)が第1走者としてスタート。

WAVE1では岡 篤志(JCL TEAM UKYO)が暫定1位となり、谷 順成(宇都宮ブリッツェン)が暫定2位、内田宇海(弱虫ペダルサイクリングチーム)が暫定3位でWAVE2のスタートを迎える。

岡 篤志(JCL TEAM UKYO)
谷 順成(宇都宮ブリッツェン)
内田宇海(弱虫ペダルサイクリングチーム)

14時30分にWAVE2の第1走者である大町健斗(VZW WP DE MOLENSPURTERS MEULEBEKE)がスタートを切ると、最後から3番目に前年3位の新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)が、2番目に同2位の小石祐馬(JCL TEAM UKYO)が、最終走者として金子宗平(群馬グリフィン)がそれぞれスタートを切る。

スタートを切る新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)

1周目を終えて岡が暫定トップは変わらず、2位に金子、3位に小石という順位で2周目に入ると、金子がタイム差を取り戻そうと焦りを見せ、2号橋手前のコーナーでペダルをヒットさせてしまい、落車してしまう。
この落車で金子の順位が5位まで下がる中、小石が2周目で暫定トップに、さらに山本大喜(JCL TEAM UKYO)が暫定2位となり、岡を合わせてJCL TEAM UKYOが暫定トップ3を独占するという状況に。

新城幸也
金子宗平(群馬グリフィン)
山本大喜(JCL TEAM UKYO)が暫定2位
小石祐馬(JCL TEAM UKYO)

4周目完了時点で新城が岡を抜いて暫定3位に浮上し、最終的にも新城が3位となりJCL TEAM UKYOによる表彰台独占はならなかったものの、小石と山本はそのまま1、2位を維持した状態でフィニッシュし、JCL TEAM UKYOとして1、2、4位を獲得する圧倒的な走りを見せた。

小石は表彰台で「これまで2位や3位が多かったので、優勝できてうれしいです」と喜びを口にする。

「上りで踏まないとタイムが出ないのは分かっていたので、1周目から上りではしっかり踏んで、下りでは落車しないようにでもペースを落とさないように意識して走っていました。新城選手の姿が見え始めてからは、もちろん追いつきたいという思いはありましたけど、自分のペースを維持することが最重要だと思って走っていましたので、前に誰かが見えたらからどうこうというのはあまりありませんでした」とあくまで自分のペースで走ったことが優勝につながったと言う。

タイムトライアル用バイクで出走した点について伺うと、「ノーマルバイクで出走するという選択肢は一切ありませんでしたし、(個人タイムトライアルなのに)逆になぜノーマルバイクで出走するという選択肢を選んだ選手がいるのか不思議です。各チームで選択できる機材に差があることは承知してますし、僕らはディスクブレーキのタイムトライアル用バイクが用意してもらえたというのはありますが、個人タイムトライアルの大会なのにタイムトライアル用バイクに乗りなれてないっていうのは変じゃないかなと思います。僕自身、タイムトライアル用バイクでしっかり練習してきましたし。結果的にはタイムトライアル用バイクの方が速かったんじゃないかなと思います」とタイムトライアル用バイクでしっかりと練習してくればこのコースでもタイムトライアル用バイクの方が速いと小石は語る。

明後日のロードレースに向けては、「こういうコースなので、ロードレースでも同じような順位になるんじゃないかなと思います。チーム戦ですし、距離も長いですし、必ずしも今日と同じとはならないかもしれませんが、狙っていけるレースになると思っています。明後日のロードレースで僕がエースを任されるかはわかりませんが、任されれば頑張りますし、他の選手がエースになるのであればその選手が勝てるようにしっかりアシストします。チームとして勝ちを狙いにいきます」とチームとして勝ちを狙っていくと小石は語った。

全日本選手権 個人タイムトライアル リザルト

男子U23

1位:寺田吉騎(シマノレーシング) 38分10秒82
2位:津田悠義(キナンレーシングチーム) +7秒87
3位:伊藤 恭(群馬グリフィン) +14秒25
4位:山口瑛志(レバンテフジ静岡) +19秒82
5位:天野壮悠(シマノレーシング) +22秒40
6位:大仲凜功(JCL TEAM UKYO) +36秒44

女子エリート+U23

1位:石田 唯(早稲田大学) 45分2秒54
2位:垣田真穂(早稲田大学) +1分54秒12
3位:大蔵こころ(早稲田大学) +3分2秒47
4位:小田恵利花(フィッツ) +3分41秒78
5位:川上 唯(ORCA CYCLING TEAM) +7分19秒96
6位:簑原由加利(日本ろう自転車競技協会) +10分31秒25

男子エリート

1位:小石祐馬(JCL TEAM UKYO) 44分32秒49
2位:山本大喜(JCL TEAM UKYO) +28秒04
3位:新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス) +50秒64
4位:岡 篤志(JCL TEAM UKYO) +1分6秒47
5位:留目夕陽(EFエデュケーション・NIPPOディベロップメントチーム)
6位:谷 順成(宇都宮ブリッツェン) +2分23秒62

全日本選手権公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load