BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

11月19日に徳島県で「さなごうち大川原高原ヒルクライム2023」を開催、エントリー受付中

11月19日(日)、徳島県のサイクリングのメッカ「大川原高原」で初のヒルクライム大会となる「さなごうち大川原高原ヒルクライム」の開催が決定した。全長9.77km、最大勾配19%のコースをタイムトライアル方式で走るイベントで、当日は山の神こと森本 誠選手やKINAN Racing Team所属の白川幸希選手、花田聖誠選手もゲストライダーとして参加。大会を盛り上げてくれる。
徳島市から車で30分とアクセスも抜群。エントリー受付は9月22日まで。以下、プレスリリースより。

徳島県のサイクリングのメッカ「大川原高原」を走ろう

©️ sohc

徳島県におけるヒルクライムのメッカ、大川原高原。同県在住のサイクリストにとっては登竜門として位置づけられる、格式高きサイクリングコースだ。これまではサイクリスト個々でチャレンジしてきた同地でのヒルクライムだが、晴れて本格ヒルクライムレースとして実施されることになった。
コースは全長9.77kmで、標高差は746m。平均勾配7.8%で、最大勾配は19%と、四国では屈指の難易度だ。
将来的には国内外のトップライダーが集うようなレースイベントへ、といった構想もあるようで、数年先を見据えつつ開催準備を行っている段階だという。

©️ sohc

競技形式としてはタイムトライアル方式を採用。10秒間隔でひとりずつコースへ。スタート時間とフィニッシュ時間差を集計し、カテゴリー別に順位を競う。
年齢別のほか、体重85kg以上の“ヘビー級ライダー”向けカテゴリーも用意されるなど、幅広い層がチャレンジできるレースとなっている。

ゲストライダー

初開催の今回は、ゲストライダーとして“山の神”こと森本 誠選手、UCI(国際自転車競技連合)登録の国際チームであり国内トップクラスの力を持つ KINAN Racing Team(キナンレーシングチーム)から、白川幸希選手と花田聖誠選手の参加が決まっています。日本が誇るライダーが実際に大川原高原を走り、その脚を披露します。

森本 誠選手

1980年、奈良県生まれ・愛知県内在住・金属加工会社勤務。
大学在学中にロードレーサーを購入し、その後レース活動をスタート。2010年からは実業団チームイナーメ信濃山形に加入。国内外のヒルクライムレースで活躍し、乗鞍ヒルクライムやMt 富士ヒルクライムなどでの優勝経験も豊富。現在は実業団レースではなく、全日本選手権ロードと主要なホビーレース(ロード、HC)に絞って参戦中だ。

<主な実績>
・乗鞍ヒルクライム2008-2010,2012, 2014-2017優勝
・Mt 富士ヒルクライム2016 優勝
・ツールド沖縄210 2014 3位, 2017 4位, 2019 5位
・JBCF 2010 富士アザミラインH 優勝
・JBCF 2014 輪島ロード3位

白川幸希選手

KINAN Racing Team所属、1997年5月15日生まれ、岡山県出身。
早くから国内プロシーンを駆け、近年は成長株として注目を集める存在。国内リーグ「J プロツアー」では上位進出の常連で、2022年9月には伝統の経済産業大臣旗ロードで2位入賞。要所でのアタックでレースの流れを一変させる力を有し、レース外でも明るいキャラクターを生かしたムードメーカーとしてファンからの高い人気を誇る。

© KINAN Racing Team

<主な実績>
2022年経済産業大臣旗ロードレース2位

花田聖誠選手

KINAN Racing Team所属、1998年7月31日生まれ、神奈川県出身。
ジュニア時代の2016年にアジア選手権ロードレースで銅メダル。アンダー23カテゴリーでも日本代表として走っている。2021年にプロ入りし、以来チームの戦力として欠かせない存在に。上りを得意にしている。

© KINAN Racing Team

<主な実績>
2016年アジア選手権ジュニアロードレース銅メダル
2019年ジャパンカップ・オープンレース優勝
2023年チャレンジサイクルロードレース4位

イベント情報

さなごうち大川原高原ヒルクライム2023

開催日:令和5年11月19日(日) 小雨決行
募集人員:250人(先着順)
参加費:7,500円
メイン会場:佐那河内村中央運動公園(徳島県名東郡佐那河内村上字南浦12番地1外)
主催:佐那河内村、さなごうち大川原高原ヒルクライム実行委員会
募集期間:9月22日(金)まで

コース

【スタート】下字マナガ平22番地 ~【ゴール】上字大川原5番地2

全長 9.77km 標高差 746m
平均斜度 7.8% 最大勾配 19%
往路(上り)のみのタイムレース

競技カテゴリー

Category-A 男子16~29歳
Category-B 男子30~39歳
Category-C 男子40~59歳
Category-D 年齢不問で体重85kg以上
Category-E 男子60歳以上
Category-F 女子
※各Category の申込人数により変動する場合もございます。

 

開催に向けクラウドファンディングも実施中!!
己の限界に挑戦!「さなごうち大川原高原ヒルクライム」を成功させたい!

さなごうち大川原高原 ヒルクライム2023 公式サイト

SHARE

PROFILE

Bicycle Club編集部

Bicycle Club編集部

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

ロードバイクからMTB、Eバイク、レースやツーリング、ヴィンテージまで楽しむ自転車専門メディア。ビギナーからベテランまで納得のサイクルライフをお届けします。

Bicycle Club編集部の記事一覧

No more pages to load