BLADES(ブレード)

BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フォイル&ジェットボードで水上を飛ぶ!ゼロエミッションのWaveSharkはまるで魔法のカーペット!

水面を鳥のように飛べる! 電動フォイルボードで手軽に楽しむ滑空感

フォイルで水上を飛んでいくあの感覚…。一度味わったら虜になること間違いなしのフォイルは、近年、爆発的に人気が高まっている新しいウォータースポーツだ。自然の中を滑走するフィーリングは精神的な癒しの旅でもあり、まるで魔法のカーペットに乗っているような気分とも言われている。
ボードが前へ進むことによって、水中のフォイルが揚力を生み出し、水の上を滑空するフォイルは、本来、サーフィンのように波に乗ったり、ウインドサーフィンのように風の力を利用して推進力を得るのが一般的。しかし、サーフィンやウインドサーフィンのスキルを必要とすることが大きなハードルとなっていることも否めない。

そこで、高度なスキルがないビギナーでも手軽にフォイルを楽しめるように開発されたのがWaveShark Foilだ。動力は高性能モーター。それに大容量リチウム電池とカーボン製のフォイルが組み合わさって、波や風がなくても、水さえあればビギナーからエクスパートまで誰もが満足するフォイリングを経験できるのだ。最高速度は45km/h(※本国仕様)に達し、驚くようなスピード感を味わえる上に、水の上を飛ぶので大きな音もせず、自然の中に溶け込むようなフィーリングを堪能できるだろう。

 

ライディング時間は90分以上!

誰もが気になるのは、そんな滑走感をどれくらいの時間楽しめるのかというところ。走り出して気分よくライディングしていたのに、ものの数分でバッテリーが切れてしまったらがっかりするはずだ。しかし、WaveShark Foilに搭載されているバッテリーは総電力量が2.6KWhと大容量。内蔵しているGPS測位機能により、速度とルートに基づいてバッテリー残量を計算し、振動コントローラーによりライダーに伝える最先端の技術も採用、ライディング時間は90〜120分と業界では類を見ない長さを実現している。ライダーの体重やスピードモード、一時停止の頻度によって実際の時間は異なってくるが、誰もが満足できるライディング時間なのは間違いない。ツーリング感覚で長時間、水の上を滑走する楽しみを存分に味わいたい。

 

フィールドを選ばない高い適応性

通常のフォイルはアクティビティの要素が強く、自然の動力を必要とするため、波や風がないと楽しめない点も始める際の大きな壁となっている。その点、WaveShark Foilは波や風がなくても水さえあれば楽しめ、逆に風が強くても適応できる。つまり、気象条件に左右されづらいという特徴を持っているのだ。海はもちろん、湖や川など一定の水がある場所であればいつでもライディングできるということ。よりレジャー感覚でフォイリングできるのが大きな魅力の一つだろう。
また、環境に優しいという点も、もともとフォイルやサーフィンなどをやっていた人たちにとって興味深いところ。環境を汚染したり、気候を変動させたりする廃棄物を排出しない、いわゆる「ゼロエミッション」の乗り物なので、ウォータースポーツを嗜む人との親和性が高いのだ。海、湖、川のフィールドを問わず、歓迎されるはず。

 

ジェットボードも同時展開

フォイルと共に、同システムを採用したWaveShark Jetboardも展開される。これには3.6KWhの大容量リチウム電池が搭載され、最高速度は60km/h(※本国仕様)にも達する。

フラットウォーターを滑走したりターンを楽しんだり、波を使ってジャンプしたり、もちろんウネリから波に乗ることも可能だ。フォイルとは異なる感覚を同じ興奮度で味わいたい人には最適だろう。これら2種類のウォータービークルを、好みに応じて使い分ける。そんな楽しみ方が、今後のウォータースポーツの新しい楽しみ方の一つかもしれない。

詳細はこちらから。

WaveShark
※それぞれ日本仕様の詳細は今後発表予定。本記事で紹介したタイプは本国仕様で、国内で使用するには特殊小型船舶の免許、船検が必要となります。
※撮影の際はライフジャケットを着用しておりませんが、ライディング時は必ずライフジャケットを着用しましょう。

■お問合せ先
E-Mail: Sale.JP@Waveshark.com
URL: www.waveshark.com
日本総代理店:
PowerVision Japan(パワービジョンジャパン)

■WaveShark アンバサダープロジェクト
WaveSharkは、グローバルな研究開発チームと統合された製造能力を備えた、E-サーフィンの分野で唯一の主要ブランドです。私たちは、革新的なテクノロジーを通じてこのアドベンチャースポーツの究極の感覚をすべての人に提供することを目指し、最先端のテクノロジー指向の人生哲学を提唱し、世界中のユーザーに究極のウォータースポーツ体験を提供することに取り組んでいます。

<WaveShark アンバサダープロジェクトとは?>
WaveShark アンバサダープロジェクトは、WaveSharkがエンドユーザーと直接かつシームレスに結びつき、この業界のより持続可能で前向きな道を開くことにより、グローバルなE-サーフィンコミュニティに貢献することをどれほど愛しているかを表しています。世界中のウォータースポーツファンなら誰でもこのプログラムに参加できます。オンラインで登録することにより、WaveSharkの認定アンバサダーは、潜在的な地元の顧客に製品のデモンストレーションとトレーニングを提供し、WaveSharkの地元のプロモーターとしての役割を果たし、ソーシャルメディアでブランド関連のオリジナルコンテンツを公開し、製品関連のフィードバックを収集することを約束します。

詳細は、
https://www.waveshark.com/ambassador

 

SHARE

PROFILE

BLADES(ブレード) 編集部

BLADES(ブレード) 編集部

『NALU』の連載から単独発行となった、 SUP専門の定期刊行マガジン。フィールドを選ばないSUPの楽しみ方から、カルチャーにいたるまで、充実したコンテンツを発信する。

BLADES(ブレード) 編集部の記事一覧

『NALU』の連載から単独発行となった、 SUP専門の定期刊行マガジン。フィールドを選ばないSUPの楽しみ方から、カルチャーにいたるまで、充実したコンテンツを発信する。

BLADES(ブレード) 編集部の記事一覧

No more pages to load