【今日から使える豆知識】鶏肉を劇的にやわらかく仕込んでみよう

料理紳士のみなさんは、“漬け込むテクニック”をご存じだろうか。その名の通り、食材を漬けておくだけで、劇的にやわらかく、旨味が増す手法である。そんな魔法みたいな方法を、紳士諸君に伝授してさしあげよう。

調味料が肉をやわらかくする

マヨネーズやヨーグルト、ポン酢を使えば、鶏肉の繊維に酢や油が染み込み、お肉がさらにやわらかくなる。食品保存袋に好みの調味料を入れ、袋の口を閉めてしっかりともんでなじませる。そこに、鶏肉の水気をしっかりととって袋へ入れてさらにしっかりともみ合わせる。最低3o分ほど漬けたらOKだ

鶏むね肉
脂肪が少なく淡泊なむね肉。熱を通すとパサつきがちだが、漬けてもみ込むと驚くほどやわらかく仕上る。グリルや焼き物、揚げ物におすすめ。

_dsc0098

鶏もも肉

脂肪が多くてコクと旨味があり、歯ごたえがいいもも肉は、漬け込んで煮ると、ほろりと箸で崩れるほどやわらかくなる。煮物料理に最適。

_dsc0099

やわらか鶏レシピを紹介しよう!

鶏のからしポン酢しょうゆ漬け

【材料】

鶏むね・もも肉…各1枚(各300g)

ポン酢しょうゆ…大さじ4

からし…小さじ2

【作り方】

1. 鶏むね肉は、余分な皮と脂をカットして半分に切り、厚い部分は切り込みを入れて開き、厚みを均等にする。もも肉は一口大にする。

2.保存袋にポン酢とからしを入れて溶かし、1のむね肉ともも肉も入れてよくもんで味をなじませる。

_99a5599

2種類の鶏からしポン酢漬けを、2メニューに調理する!

1.鶏からしポン酢しょうゆ焼き

【材料】

鶏むねからしポン酢しょうゆ漬け…1枚分

オリーブオイル…大さじ1

かぶ…適量

れんこん…適量

【作り方】

1.フライパンにオリーブオイルを入れて火にかけ、鶏むねからしポン酢しょうゆ漬けを皮目から弱火で焼き色をつける。裏返して蓋をして5~6分、中まで火を通す。

※焼いたかぶとれんこんを添える。

atari__99a5635

2.鶏大根煮

【材料】

鶏ももからしポン酢しょうゆ漬け…1枚分

大根…1/3本

ゆで卵…2個

ごま油…大さじ1

水…1カップ

昆布だし(顆粒)…5g

からし…適量

【作り方】

1.大根は皮をむいて、1.5cm厚さの半月切りにする。

2.鍋にごま油を入れて火にかけ、鶏もものからしポン酢しょうゆ漬けを入れる。大根も加え、中火で表面に焼き色をつけたら、水を入れて沸騰させる。昆布だしを入れて蓋をしたら、大根に竹串がすーっと通るまで煮込む。仕上げにゆで卵を入れる。※好みでからしを添える。

atari__99a5645

ひと手間かけるだけで、鶏肉が格段とやわらかくなるメニュー。是非お試しあれ!

(レシピ=遠藤香代子)

(出典: 魔法の漬けおきおかず

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

buono TOPへ

No more pages to load