BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

主役をはれる絶品お取り寄せチャーシュー5選

各店のこだわりが詰まった逸品を自宅で味わう贅沢

ラーメンの具の中でも、抜群の存在感を放つチャーシュー。とはいえ、その存在は、「ラーメン」という完成された一品の中のひと役でしかない。つまり、言ってしまえば脇役である。

けれど、世の中には「主役をはれる」チャーシューというものも存在する。お歳暮や贈答品で見かけることも多い、あの風格ある佇まい。秘伝の味付け、噛みしめると口の中に広がる肉の味わい、丁寧に育てられたことを感じさせるこっくりとした脂身……それは、ラーメンの中で味わっていたものとは別格だ。

今回は日本全国から選りすぐりの人気のチャーシューをご紹介。間違いなく“主役級”のその味、一度味わってしまうと普通のチャーシューには戻れない……かも。

口の中でとろける 「くるくる煮豚棒(ブロック)」

主役をはれる絶品・お取り寄せチャーシュー5選_03

“醤油の島”としても知られる小豆島の精肉店『山下屋』の人気NO.1。脂身の甘みと旨味が楽しめるよう、豚バラ肉を島産の醤油でじっくり煮込み、職人が手巻きしている。

DATA
お肉の山下屋
1,954円(パック冷凍 670g)
住所/香川県小豆郡土庄町甲1242-8
TEL/0120-62-0353
FAX/0120-62-0315
E-MAIL/support@yamashitaya.net
http://www.yamashitaya.net/

伝統の醤油ダレがそそる 「炭焼き焼豚」

主役をはれる絶品・お取り寄せチャーシュー5選_04

ドイツでの食肉加工技術における国家資格「フライッシャーマイスター」を取得した山野井進治さんの技術を活かし、炭火で仕上げる。タレを使う場合、二杯酢に浅葱や葱を入れて。

DATA
マイスター山野井
2,257円(220g)
住所/鹿児島県南さつま市金峰町高橋3075-28
TEL/0120-77-8827
FAX/0993-77-3827
E-MAIL/tsuuhan@the-yamanoi.com
http://www.the-yamanoi.co.jp/

ひと晩どぶ漬けした濃厚さ 「どぶ漬チャーシュー」

主役をはれる絶品・お取り寄せチャーシュー5選_-5

和豚もちぶたの厳選バラ肉のみ使用。余分な脂肪は蒸して落とし、濃厚醤油ダレでじっくり煮込み、さらに一晩漬けている。ネット通販だけで既に10,000本以上を販売している。

DATA
新潟は食の宝庫 あぶさん
4,500円(500g×2本)※本州のみ送料無料
住所/新潟県燕市小池5652
TEL/0256-66-5361
FAX/0256-66-2842
E-MAIL/shopmaster@niigata-syoku.com
http://www.niigata-syoku.com/

店の代名詞が手に入る 「チャーシュー袋詰」

主役をはれる絶品・お取り寄せチャーシュー5選_06

横浜・関内のラーメン屋『唐桃軒』で名物として知られるのが、チャーシュー麺。国産豚肩ロースをじっくり煮込んだ、ラーメン屋ならではの絶品チャーシューをご堪能あれ!

DATA
唐桃軒
3,250円(1本650g)
住所/神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1-5-8
TEL/045-271-0018
FAX/045- 315-5281

尾張一宮名物 「焼豚」

主役をはれる絶品・お取り寄せチャーシュー5選_07 昭和33年の創業から守り続ける秘伝のタレを使い、オーブンでじっくり焼き上げる。甘味があり、ジューシーな焼豚はご飯とも相性抜群。「特製手造り豚角煮」もベストセラー。

DATA
肉のロータリー 三楽
3,000円(200g×3パック)※送料別
住所/愛知県一宮市本町2-1-28
TEL/0586-73-5594
FAX/0586-73-5598
E-MAIL/info@sanraku.net
http://www.sanraku.net/

 

やや厚めに切ってそのままガツンと味わうのがオススメだが、堪能しつくしたら、もちろんラーメンに乗せて食べてもこれまた美味。食卓に、はたまたビールのおともに。この夏、こんな贅沢を自分に許してあげるのはいかがだろう?

出典

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load