全国の餃子の『皮』ファン必見! 餃子の要は『皮』にあり

日本人は大の餃子好きだ。その人独自のこだわりが必ずあるはず、例えば『皮』だろう。モチモチ、ふんわり、サクッ、餃子の皮によって、その食感や味わいは多彩な広がりと奥深さをみせる。皮を追求してこそ、真の餃子マスターとも言えるだろう。今回は餃子専門ブログ「東京餃子通信」編集長の塚田亮一さんが皮にこだわる銘店を紹介してくれた。

塚田氏も恋に落ちた銘店『餃子のパプア』

店と店主jpg

「餃子は皮が命!」というパプアの酋長こと店主の魚住さん。長年、餃子の皮製造メーカーに勤めていたこの道のプロ中のプロだ。こだわる皮は、灰分が若干高く小麦の味を堪能できる粉を、鶏ガラ、鶏肉で取ったスープで練り込み、最後にラードを練り込んだ特殊なもの。

店主2皮jpg

皮はオリジナルレシピのスープ入り。少し厚めで、皮自体の旨味と心地良い弾力が絶品だ。

旨味を持った皮ですべてを包み込む

旨味をすべてjpg

パクッと餃子を頬張った瞬間に、皮の旨味が口いっぱいに広がってくる。ゆえにタレは必要ない。皮の味、焼き目のパリッという音、噛むほどにモチモチッと心地の良い歯応え。まさに皮が本当に美味しい餃子だ。焼き餃子の餡は国産豚肉、キャベツ、淡路島産玉ねぎ、ニラ、「ホワイト6片ニンニク」などこだわりの材料。皮とのバランスが良く箸を持つ手が止まらなくなる。

家族で餃子を愛し、丁寧な仕事が旨味を生み出す

丁寧な仕事jpg

餃子は店主が一つひとつ丁寧に包んで、焼き上げる。

丁寧な仕事2jpg

「餃子は皮が命!!」の文字は一緒に店を切り盛りする妻の筆。メニューなどのイラストは愛娘作。家族で餃子を愛している。

皮の旨味を生かすアレンジ餃子たち!

変わり種餃子jpg

1、「生ハムチーズ餃子」
2、2枚の皮で挟む、「アボカドチーズ餃子」
3、鎮江香酢が合う「水餃子」
4、たこ焼き味の餡がポイント「タコ焼き君」
5、皮の旨さを充分に味わえる羽根付きの「一口餃子」

餃子の皮の旨さを追求するため、様々な餡との相性に日夜挑戦し続ける魚住さん。アレンジ餃子は今ではなんと23種類までに増えている。

いかがだろうか? 皮の旨味を存分に味わえる『餃子のパプア』、全国の皮ファンの皆さんは是非一度足を運んでみてほしい。

「DATA」
●餃子のパプア
住所:東京都八王子市子安町1-8-18
電話番号:042-697-7244
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:水曜

●塚田亮一
餃子専門ブログ『東京餃子通信』編集長。メディアへの出演多数。「マツコの知らない世界」(TBS 系)で披露した餃子レシピは評判に。

(出典:『#餃子部』

(ヤマダタケシ)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

buono TOPへ

No more pages to load