BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

世界の定番パクチー料理レシピ18連発

PAGE
5 / 6

サルサ・メヒカーナ(メキシコ)

メキシコ国旗にちなんだ赤、白、緑の色鮮やかな万能ソース。タバスコが味の決め手!

サルサ・メヒカーナ

材料(作りやすい分)

トマト……大1個
玉ねぎ……1/4個
パクチー……1株
青唐辛子(あれば)……1本
塩……小さじ1/4
レモン汁……1/8個分
おろしニンニク……1/2片分
タバスコ、黒コショウ……各適量

作り方

1. トマト、玉ねぎ、パクチー、青唐辛子は粗みじん切りにする。

2. 全ての材料を混ぜ合わせる。

作り方のポイント

赤はトマト、白は玉ねぎ、緑はパクチーと青唐辛子が定番。青唐辛子がなくても、タバスコを使えば辛味と酸味で味が引き締まる。

タコス(メキシコ)

トルティーヤで好きな具を包んで食べるメキシコのソウルフード。

タコス

材料(作りやすい分)

トルティーヤ……適量
パクチー……1~2株
紫玉ねぎ……1/8個
レタス……2~3枚
トマト……中1個
牛ひき肉……200g
オリーブオイル……小さじ1

(A)
クミンパウダー……小さじ1/2
ウスターソース……小さじ2
塩……小さじ1/4
黒コショウ……適量

細切りチーズ……適量

作り方

1. パクチー、玉ねぎ、レタス、トマトは粗めに刻む。
2. フライパンにオリーブオイルを熱し、ひき肉を炒め、キッチンペーパーで出てきた脂を吸い取る。トマトを加えてよく炒め、Aを加えて味を調える。
3. トルティーヤにパクチー、玉ねぎ、レタス、2、チーズ、お好みでサルサをのせ、包んで食べる。

作り方のポイント

伝統的なトルティーヤはコーンが原料で、香ばしくてほんのり甘い。パクチーはお好みでたっぷり加えて。

「タコス」をAmazon.co.jpで見る

ムケッカ(ブラジル)

ブラジル伝統の海鮮シチュー。ココナッツミルクのコクとレモンの酸味が楽しい!

ムケッカ

材料(2人分)

むきエビ……4~6尾
生タラ……2切れ

(A)
レモン汁……1/4個分
塩……小さじ1/2
ニンニク(みじん切り)……1片分

パクチー……2株
玉ねぎ……1/4個
赤パプリカ……1/2個
オリーブオイル……大さじ1
ココナッツミルク……300ml
トマト水煮……1/2缶(200g)
塩……小さじ1/2
黒コショウ……少々

作り方

1. タラは食べやすいサイズに切り、エビと一緒にAでマリネし、冷蔵庫で10分ほど置く。パクチーは根っこも一緒に刻む。玉ねぎ、パプリカは1cm角に切る。

2. 鍋にオリーブオイル、1、パクチーの根っこを入れて中火にかけ、蓋をして5分ほど蒸し煮にする。

3. ココナッツミルク、トマト水煮を加えて弱火にして10分ほど煮て、塩コショウで味を調える。

作り方のポイント

酸味と香りが効いたココナッツミルクスープが食欲をそそる。パンはもちろん、ご飯にかけて食べるのもおすすめ。

アソルダ・アレンテジャーナ(ポルトガル)

アレンテージョ地方のガーリックパクチースープ。日本のお茶漬けのような料理です。

アソルダ・アレンテジャーナ

材料(2人分)

ニンニク……1片
パクチー……2株
塩……小さじ2
オリーブオイル……大さじ2
卵……2個
バケット……4~6切れ

作り方

1. ニンニク、パクチーは根っこも一緒に刻み、すり鉢で粗めにつぶし、塩、オリーブオイルを加えて混ぜる。

2. 鍋に水800mlを入れて沸かし、卵を落とし入れて4分ほど煮てポーチドエッグを作り、冷水に取り置く。

3. 2の湯に1を加え、味見をして塩少々(分量外)で味を調える。

4. 器にバケットを入れ、ポーチドエッグをのせ、3を注ぐ。

作り方のポイント

だしを使わず、パクチーとニンニク、オリーブオイルの旨味のみで仕上げるシンプルなスープ。卵を崩しながらどうぞ。

出典

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load