BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

鮭〈サケ〉|料理を愛する人のための魚図鑑

捨てるところがほとんどない北国の偉大な魚

川で産まれ、海に下って数年かけて大きくなり、産卵期になるとまた産まれた川に戻って産卵し、 その一生を終えるサケ。

北海道で古くから暮らしてきたアイヌ民族は、サケのことを「神がくれた魚」と呼んだ。それは、捨てるところがほとんどないことから。身以外に卵であるスジコをはじめ、心臓や肝臓、頭部まで食べる文化が各地であり、骨からは出汁がとれ、鍋に入れても美味。

おすすめの料理

塩漬け、ムニエル、西京漬け、鍋、焼き魚など

主なサケの種類

シロザケ

日本でサケと呼ぶ場合、たいていはこの種を指す。脂肪分が少なくさっぱりしており、さまざまな料理に合う。

ギンザケ

チリからの養殖ものの輸入品。年間を通して冷凍物、解凍物として販売されていることが多い。

ベニザケ

アラスカなどからの輸入物が多く、スモークサーモンの原料として使われる。身の赤味が強い。

キングサーモン

カナダ、アラスカからの輸入物がメイン。多くは養殖魚で国内産のサケよりも大きい。脂肪分が多く、好む人も多い。

DATA

分類

サケ目 サケ科

学名

Oncorhynchus keta

英名

Salmon

産地

日本の主な漁場は北海道。アラスカ、カナダ、ノルウェーなどからの輸入物も店頭に並ぶ。

旬は秋。ただし春から夏にかけて日本近海を回遊して捕獲される「時知らず(時鮭)」は脂がのっており大変美味で珍重される。

目利きのポイント

  • ウロコがしっかりとして、銀色に美しく輝いているもの。
  • 黒い斑点がないもの。
  • 身のオレンジが鮮やかなもの。

出典

SHARE

PROFILE

buono 編集部

buono 編集部

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

使う道具や食材にこだわり、一歩進んだ料理で誰かをよろこばせたい。そんな料理ギークな男性に向けた、斬新な視点で食の楽しさを提案するフードエンターテイメントマガジン。

buono 編集部の記事一覧

No more pages to load