ヘルメットは大胆に洗うのが◎ 【バイク乗りの愛用品メンテナンス】

ヘルメット、洗ったことがありますか?

バイクまわりのメンテナンスのなかでも、ヘルメットのお手入れは、あまりしたことがない人も多いのでは? 使ったあとに拭く程度はするだろうが、頭や顔に直接触れる内装まで洗っている人は少ないだろう。そこで今回は、簡単にできるヘルメットのメインテナンス術を紹介。頭に装着するものだけに、キレイにすればかなり気持ちいいはず。ぜひ試してほしい。

ヘルメットの内装を洗ってキレイにしよう!

●内装が外せるタイプの場合
hazuseru_met
フルフェイスやシステムヘルメット、写真のようなスポーティなジェットヘルメットは、帽体の内側に発泡素材が付き、そのさらに内側にスポンジの内装が付いているのが一般的。それらの多くはボタンやベルクロなどで固定され、取り外すことができる。

20171227_3_04

【洗い方】
1)頭頂部に当たるライナーと、イヤーパッドもそれぞれ取り外して洗う。帽体の内側は硬く絞ったタオルなどで拭こう。

2)液体の洗濯せっけんを水に溶かし、もみ洗い。力を入れすぎるとスポンジが破損するので、「優しく」がキホンだ。

3)よくすすいだら、軽く水を絞って陰干しを。生乾きだとにおうので、完全に乾かしてからヘルメットに戻そう。

●内装が外せないタイプの場合
hazusenai_met
クラシックなスタイルのジェットヘルメットやヴィンテージヘルメットなどは、内装が接着されているものが多い。そうしたモデルは無理に内装を外さずに、ヘルメットのまま丸洗いしてしまおう。洗った後にしっかり干しておけば、カビが生えたりすることはない。

20171227_3_03
【洗い方】
1)大きめのたらいに水を張り、まずは水洗い。

2)スポンジに水を含ませるようにして、汚れを出していく。こちらも「優しく」がポイントだ。汚れがひどいところは、洗濯せっけんの水溶液を食器用スポンジに含ませて、拭き取るようにしてこする。

3)せっけんを流したら、ガムテープなどの上にウエスを敷き、その上にヘルメットを固定。陰干しをして乾いたら完了。

シールドには撥水加工がオススメ

走行中の視界をよりクリアにするために、シールドに撥水加工をしておくのもオススメしたい。撥水加工をしておくと、雨が降っても水滴が付いて視界を妨げることもないだろう。作業はとても簡単だ。

20171227_3_01

まずはシールドを軽く水拭きし、乾いたタオルなどで水分をよく拭き取っておく。次にガラコをゆっくり塗り込んでいき、付属のクロスで拭き上げれば施工は完了。これで、雨が降ってもどんどん水を弾いてくれる。

○使用アイテム
撥水コート剤「ガラコ」のヘルメットにも使える“ガラコBLAVE”(オープン価格)

帽体にはコーティングをしよう

帽体の外装の塗装面はキズが付きやすいのに加え、汚れやすい部分。そこで、キズが付いてしまう前にコーティング剤を塗っておくのがオススメだ。専用の溶剤で表面に薄い被膜を作っておけば、汚れが付いた時も、硬く絞ったタオルなどで拭き取るだけで、輝きを取り戻せる。

20171227_3_02

付属するクロスに溶剤を吹き付けて、塗装面にまんべんなく伸ばす。次に乾いた部分で拭き上げていくと、表面にガラス被膜ができて驚くほどの光沢感に仕上がる。施工時間はわずか5分ほどだ。

○使用アイテム
オージーケーカブトのヘルメット用ガラスコーティングキット(3240円)

『CLUB HARLEY 2018年1月号』ではこの他、バイクはもちろん、革ジャンやブーツまで、メンテナンス法を紹介。輝きを取り戻した愛用品で、2018年を気持ちよく走ろう。

(出典:『CLUB HARLEY 2018年1月号 Vol.210』)

(Y)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

CLUB HARLEY TOPへ

No more pages to load