BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ボルトオンでここまでできる!「往年のスタイルを現代にリバイバル」

プロのビルダーがカスタムしたハーレーは、なぜカッコいいのか? それは長年の経験で培ってきた、ノウハウやテクニックが駆使されているからだ。そんな手法を愛車のカスタムに採り入れれば、その完成度はもっと高まるはず。そこで、人気ショップのビルダーたちが教えてくれた、魅力的なカスタム車を生み出す“プロの技”をご紹介しよう。

今回は、ほぼボトルオンで仕上げたBULL ORIGINAL(ブルオリジナル)の一台。スポーツスターのキビキビした走りと、旧き良きスポーツスターの姿を投影した見事なバランスだ。

ボートテールを使って’70年代の純正スタイルを演出

現行のハーレーのモデルのなかで最も歴史が旧く、スポーティな走りに特化した位置付けとして進化を続けるスポーツスター。横浜のブルオリジナルでは、自社で製作したボートテールを使用してベース車が持つ走りの性能を活かしながら、様々なカスタムスタイルを生み出してきた。

このマシンはアパレルブランドO.C Crewとのコラボによって製作したもの。オリジナルのボートテールを使って’70年代頃のスポーツスターのフォルムをイメージしたスタイリングで、クロムメッキの外装がクラシカルな雰囲気に拍車をかけている。ハンドルの形状やコンパクトなシルエットからややチョッパーテイストな印象も見受けられるが、このスタイルをベースにハンドルやタイヤ、車高などを変更するだけで、スクランブラーやカフェレーサースタイルなどにも仕上げることができる点が、ブルオリジナルのボートテールの面白いところだ。リアサスペンションにはオーリンズを採用し、ストリートユースを前提に十分なスペックにアップデートされているのも見逃せない。

旧き良きスポーツスターのスタイルをモチーフとしながら、オーナーの個性も追求できるバランスのとれたカスタムだ。

オリジナルボートテールでレトロな雰囲気に

’71年に登場したボートテールをモチーフとしたオリジナルパーツ。リジッドマウントにもラバーマウントにもボルトオンで装着可能。お尻まわりにボリューム感を持たせ個性的なフォルムを形成する。

【ベースモデル】1993 XLH1200

’70年代の純正をベースにモディファイを加えたオリジナルボートテールを装備。クロムメッキの外装がオールドスクールな雰囲気を醸し出す。

「ほぼすべてボルトオンパーツで構成したスタイル」

ビルダー・米澤拓哉さん&村澤郁弥さん
「’70年代当時の純正スポーツスターをイメージして、ほぼすべてボルトオンパーツで構成したスタイルですが、ハンドルや車高などちょっとしたパーツ変更で印象を大きく変えることができるのもポイントです」

【DATA】
●BULL ORIGINAL(ブルオリジナル)
住所:神奈川県横浜市神奈川区新子安2-3-36
TEL:045-431-3456
URL:http://www.mc-bull.com/

(出典:『SPORTSTER CUSTOM BOOK VOL.16』

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load