<スポーツスターカスタムファイル>RSDでタイト&マッシブにまとめたアイアン。

65歳の時、30年ぶりにライダーに復帰したオーナーの石原さん。最初は純正のオプションパーツでカスタムを楽しんでいたが、イベントでRSDのデモ車に一目惚れ。RSD製パーツでマシンをリメイクした。

純正カスタムパーツとRSDがセンス良くチョイスされ、また車体全体のブラックとクロムのコントラストも絶妙な一台に仕上がっている。このマシンが「終の一台」だと語る石原さん。一番のお気に入りポイントは、苦労して手に入れた「883」のナンバーだそうだ。

各ディテール紹介

様々なハンドルを試し、このスワローハンドルに落ち着いた。タコメーターを増設。グリップとマスターキャップはもちろん大好きなRSD。

キャリパーはブレンボ。ローターは330mmに変更してストッピングパワーを向上。フェンダーはショートタイプ。オイルクーラーを装備する。

デザインがお気に入りだというマフラーやエアクリーナーなど、ブラックのRSDパーツはアイアンのマットブラックのペイントと相性抜群だ。

地面と水平になるようマウントされたRSD製シートカウル。オーリンズのリアサスはその性能のみならず、このラインを作る役目も果たす。

【ベースモデル】’14 XL 883N アイアン883

【Owner】石原敬一さん

【DATA】
取材協力:グローカスタム
TEL:0847-35-3116

(出典:『SPORTSTER CUSTOM BOOK VOL.16』)

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

CLUB HARLEY TOPへ

No more pages to load