BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

スポーツスターファミリーってどんなハーレー? 2020年モデルや特徴、カスタム、トリビアなど徹底紹介

PAGE
2 / 7

スポーツスター(SPORTSTER)ファミリーの特徴

初代XLが登場したのは今から60年以上前の1957年。現行ラインアップでは最も旧くから存在するシリーズで、その歴史を振り返ると、数々の進化の過程が見て取れる。

Kモデルのフレームを受け継ぎ、新エンジンを搭載して登場

スポーツスターのルーツといえるモデルは、ハーレーで初めてリアサスペンションを備えたフレームに、サイドバルブの742㏄ Vツインエンジンを搭載して1952年に登場したモデルKだ。その車体はそのままに、エンジンをOHV方式の883㏄としたのが、1957年に登場したXLスポーツスター。エンジンは後のビッグツインエンジンの元となったショベルヘッドだ。

<K(1952)> H-D史上初のリアサスを装備!
フラットヘッドエンジンをベースに4バルブ化し、ミッションも一体化。ハンドクラッチ、フットシフト、リアサスペンションなど、現代的な装備を備えていた。

<XL(1957)> 新世代エンジンを搭載

ハイパワーな“XLCH”が登場

オンロードだけでなく、オフロードのレース参戦も視野に入れて開発され、1958年型として発売されたのがXLCH(CHはコンペティション・ホットの意味)だ。エンジンの排気量は865ccで、7.5対1の高圧縮比から40ps/5500rpmを発揮。1.3ガロン(約5リットル)の小型燃料タンクや、未舗装路にも対応したノビータイヤを装備した、スクランブラー風スタイルを採用していた。
<XLCH(1958)>

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load