BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

スポーツスターファミリーってどんなハーレー? 2020年モデルや特徴、カスタム、トリビアなど徹底紹介

PAGE
5 / 7

1200と800の違いを徹底比較!

あなたが欲しいのはパワー? フィーリング?

現行エンジンは883と1200の2種類で、その違いはもちろん排気量。かつてはプライマリーとファイナルドライブのギア比が異なっていた時代もあったけど、今はコンピューターのマップと圧縮比以外はほぼ同じになっている。

この2種類のエンジンの違いが最も顕著に表れるのがパワーとトルクだ。当然1200のほうが性能は上なのだけど、あえて883を選ぶベテランライダーは少なくない。その理由は、883はハーレーらしいゆったりとした鼓動感が楽しめる排気量だからだ。また、ストップ&ゴーが多い市街地や渋滞の中をトロトロ走っていると、1200だとトルクがありすぎてギクシャクするうえ、低速走行にちょうどいいギヤ選びが難しいから、ギヤチェンジの回数が多くなってせわしない印象。一方883は2速でも3速でもそれなりにタラタラ走れる鷹揚さがある。そういう意味では883のほうがビギナーにとって扱いやすいとも言える。

高速道路やワインディングで余裕が生まれる「パワーの1200」と、ベテランも納得する「フィーリングの883」。どちらがいいかは……アナタ次第です!

1200 VS 883を走行シーン別に比較

【1】高速道路

<1200>
パワーがあるから巡航も追い越しもラク!
<833>
加速力に物足りなさを感じる場面も。
パワーのある1200は余裕を持って走れる。特に追い越し車線にレーンチェンジする時は、5速のままスロットルを開けても加速するので操作がラク。重い荷物を積んでいてもストレスなく走れる。

【2】ワインディング

<1200>
ピックアップがいいからスポーティ!
<833>
スロットルを開ける醍醐味がある!
1200はスロットルを開けた瞬間からドン! とアグレッシブに加速する。一方883は急にはパワーが出ないから、大胆にスロットルを開けて鼓動を楽しむ余裕がある。これこそがハーレーらしいフィーリングなのだ。

【3】街乗り

<1200>
ギヤチェンジが頻繁でちょっと忙しい。
<833>
穏やかなフィーリングで低速走行しやすい。
1200は低速走行時のギヤ選びがシビアでギクシャクしがちなので、ツーリングの帰りに渋滞にハマったら疲れるかも。883はどのギヤでもそれなりに走れるから街乗りは遙かにラク。交差点もスムーズに曲がれる。

1200と883の気になるトコロを数字で比較

Q.燃費は?
A.「どちらも約20km/リットルでほぼ同じ」
<1200>19.23km
<883>20.83km
※1リットルあたり
メーカー発表スペック(’17年の北米仕様)によると、1200も883も1リットルのガソリンで約20km走れるとのこと。実際はライダーの乗り方や交通状況によって大きく変わるが、理論上の燃費は互角だ。

Q.エンジンのサイズは?
A.「違うのはシリンダーのボアだけ!」
<1200>88.9mm
<883>76.2mm
※ボアの大きさ
ボアとはシリンダーの直径のこと。スポーツスターはボアだけで排気量を変えているのだ。883のほうが相対的にロングストロークになっていて、これがハーレーらしい鼓動感に繋がっているのかも知れない。

Q.モデルの数は?
A.「現行車は1200のほうが多彩!」
<1200>5車種
<883>2車種
以前はどちらもほぼ同じモデル数をラインアップすることが多かったが、近年は883が減って、2019年に至っては2車種のみ。一方1200は2018年に2車種が追加されるなど、どんどんバリエーションが増えてきている。

Q.パワーとトルクは?
A.「もちろん1200のほうが上!」
<1200>60馬力、9.79kgf・m
<883>45馬力、7.04kgf・m
※馬力は実測値、トルクはメーカー発表値
排気量が大きいぶん、パワーもトルクも1200に大きなアドバンテージがある。とはいえ883も普段よく使う低回転域から最大トルクが出て、高回転まで強いトルクをずっと維持するから、街乗りならそんなに非力に感じることはない。

Q.車体の重量は?
A.「どっちもほぼ同じ」
現行モデルで一番軽いのはローダウンスタイルで人気の1200のフォーティエイト(252kg)。一方、重いのはクロムパーツ満載の1200カスタム(268kg)で、その差は16㎏。アイアン883は256kgなので、883のほうが軽いというわけではないのだ。

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load