BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

スポーツスターファミリーってどんなハーレー? 2020年モデルや特徴、カスタム、トリビアなど徹底紹介

PAGE
7 / 7

歴史からメカニズムまで!スポーツスタートリビア

115年以上の歴史を持つハーレーダビッドソン。後述するが、スポーツスターは1957年から長きにわたり継承されてきた名称で、それだけに歴史やメカニズム、雑学などエピソードに事欠かない。そこで、スポーツスターにまつわるトリビアをご紹介。これを知れば、もっともっとスポーツスターに愛着がわくこと間違いなしだ。

【その1】「スポーツスター」という愛称はハーレー史上最も長く使われている

スポーツスターという名称が誕生して今年(2020年)で63年目。日本が世界に誇るホンダのカブが6②年目だから、バイク界全体を見渡しても現存する最古級の車名と言える。ハーレーには他にも30年以上使われているファミリー名やモデル名が数多く存在しており、長い歴史の一端を感じることができる。

【その2】初代スポーツスターのタンクロゴはウィリーGの初仕事

’57~’58年に採用されたタンクエンブレムは、ウィリーGが初めてデザインしたパーツ。この時彼はまだデザインスクールを出たばかりの20代前半だった。アメリカンクルーザーの歴史を変える名車を生み出した偉大な人物の初仕事は、以外にも小さなエンブレムだったのだ。
「ウィリーG」とは?
創業メンバーの孫で、長らくデザイン部門のトップを務め、ローライダーなどの名車を数多く手がけてきた偉大な人物。

【その3】883㏄の登場はスポーツスターより早い

883㏄というなんとも中途半端な排気量がどこから来たのかというと、スポスタの前身であるモデルKHから。KHはフラットヘッドをベースに、エンジンとミッションを一体化したモデルKの750㏄エンジンの排気量アップ版。ボアはそのままでストロークだけ伸ばして883㏄に拡大している。この排気量は、当時レースで活躍していた高性能な英国製650㏄と互角に渡り合うために必要なサイズだった。その伝統が今に続いている。

【その4】車名のスペルは「SPORTST“A”R」じゃない!

スポーツスターのスペルを「SPORTSTAR」と勘違いしている人もいるだろうが、正しい綴りは「SPORTSTER」。英語の一般動詞に“er”を付けると「~をする人」「~をする機械」という意味の名詞になる。つまり、「スポーツをするバイク」ということ。確かにスポスタはSTAR(星)のように輝く存在だが、お間違いなく!

【その5】「アイアン」は車名じゃない!?

「アイアン」とはショベルエンジンを搭載したスポーツスターのことを意味する。これはビッグツインのショベルがアルミ製のヘッドを採用していたのに対し、スポスタは鉄製を使っていたことからこう呼ばれるようになった。会話の中に「アイアンがさ~」というワードが出てきたら、現行のアイアン883/1200のことかショベルのことかちゃんと見極めるべし。

【その6】「フォーティーエイト(48)」と「セブンティーツー(72)」の由来は?

フォーティーエイトという名称は、初めてピーナッツタンクを採用した小排気量シングルの125S がデビューした年式である’48年が由来。一方、チョッパースタイルが特徴的なセブンティーツーは、ローライダーカルチャーの発祥の地であるロサンゼルスの州道72号からきている。

ハーレーダビッドソン&スポーツスター専門用語集

奥の深いハーレーダビッドソンの世界だからこそ、独特な専門用語がある。そこで今回ご紹介してきた内容から、知っているとためになる専門用語をチョイスして解説。ハーレーにはこれ以外にも知っておきたい専門用語がたくさんあるので、もっと知りたくなったら「ハーレー専門誌『クラブハーレー』編集部がお届けするハーレーダビッドソン専門用語集」を見てみよう。きっと発見がいっぱいだ!

<ミルウォーキーエイト>

ツインカムに代わるビッグツインエンジンとして2017年のツーリングファミリーに採用。2018年モデルでは、ソフテイルファミリーにも搭載された新世代Vツインエンジン。カムを2本から1本とし、1気筒につきバルブを4本、プラグを2本にすることで効率がよく、より加速感を味わえるようになっている。また新型のバランサーにより振動が減ったり、冷却性能が高くなっているなど、現代の道路事情に合った性質のエンジンになっている。

<クロムメッキ>

銀白色の光沢のある金属クロムを使ったメッキ。美しい金属の発色と防錆効果を得られるため、エンジンやフォーク、カバー類などあらゆるパーツに用いられる。いまも昔もクロムの輝きはハーレー乗りには変わらず人気がある。

<チョッパー>

チョッパーは’50年代に頭角を現し、’60年代にはカリフォルニアを筆頭に拡大し、すっかり市場に定着した。’69年公開の「イージー☆ライダー」で主人公のキャプテン・アメリカが乗っていたようなロングフォークを装着したものから、現代的なコンパクトなシルエットのものまでそのスタイルはさまざま。起源には諸説あれど、有力なのは、当時のアウトローバイカーが盗んだマシンを元の持ち主にわからない形にするために余分なものをぶった切って、異なる見てくれに変えたという説がある。いまとなってはルーツを特定することはできないが、チョッパーの基本概念となる何者にも縛られない自由な精神は現代のカスタムにも生き続けているのだ。

<トルク>

トルクとはバイクのリアタイヤを回転させようとする瞬間的な力のこと。トルク性能に優れるエンジンは前に出る力が強いので加速性能に優れ、上り坂でもグイグイと進むことができる。ハーレーのエンジンはトルク型。

<馬力>

トルクが瞬間的に回す力であることに対して馬力とはその力を持続させて発生する仕事量。

<ヒートガード>

エンジンをかけているとかなりの高温になるエキゾーストパイプ。バイクに跨るライダーの身体に触れやすい部分の火傷を防止するために取り付けるカバー。

<プッシュロッド>

カムの動きをロッカーアームを介してバルブに伝える役割を担う。外観上からもハーレーのOHVエンジンの特徴のひとつである。

<プライマリー>

エンジンの回転をミッションに伝える(一次駆動)部分。 ハーレーでは一次駆動は基本的にチェーンドライブを採用している。そしてミッションからリアホイールに動力を伝える部分は二次駆動と呼ばれ、現行ハーレーでは二次駆動は基本的にベルトドライブを採用している。

<プリロード>

プリロードとは、スプリングの初期荷重のことで、最初にどれだけバネが縮められた状態かを示し、ライダーの体重や荷物の有無などによって調節できるサスペンションもある。

<ボバー>

’30~’40年代頃のレーシングスタイルで、豪華な装備やフェンダーを取り外しレース仕様にしていた当時のカスタムが基本形とされる。

<ライザー>

ハンドルを固定している部分のこと。さまざまな形状のアイテムがリリースされているので自分のポジションに合った位置にハンドルを固定することができる。

『クラブハーレー』編集部がお届けするハーレーダビッドソン専門用語集

『クラブハーレー』編集部がお届けするハーレーダビッドソン専門用語集

2019年07月17日

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load