BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ソフテイル ファミリーってどんなハーレー? 2020年モデルや特徴、カスタムなど徹底紹介

PAGE
6 / 7

現代車と旧車というほど圧倒的な差があった!

ダイナとソフテイルのストリートボブ。その乗り味は、まったく別のモデルというほどに違いがあった。同じなのは名前だけだ。エンジンは、ダイナがツインカム88、ソフテイルはミルウォーキーエイト。どちらも燃料供給方式はインジェクションだが、レスポンスがまったく違った。アクセルを開け始めると一瞬空白があった後、ズダダダダッと加速するダイナに対し、ソフテイルは俊敏。

最も違ったのは足まわりで、ソフテイルはブレーキが圧倒的によく利く。これは単にブレーキの性能だけでなく、サスの性能差も要因だろう。すべにおいて、ソフテイルは現代モデル、ダイナは旧車というほど違いがあった。とはいえ、完成されていない荒削りな魅力がダイナには確実にある。どちらが好みかは、乗り手次第だ。

【1】取り回しのしやすさ

どちらも車重はほとんど変わらないが、ダイナは重心の位置が低く、ソフテイルは重心が車体の中央近くにある。そのため、両車を比較すればダイナは引き起こす時に重く、ソフテイルは直立時にふらりと軽く感じられるが、実際はほぼ大差なし。

【2】エンジンの鼓動

ラバーマウントのダイナは、エンジンとフレームの間にゴムを介している構造上、振動に合わせてエンジンが揺れる。この揺れは高回転になるほど収束するものの、バランサー入りの新型ソフテイルに比べれば、鼓動はダイナミックそのもの。ソフテイルにも鼓動感はあるものの少々希薄だ。

【3】直進時の安定感

振動を打ち消すバランサーを装備したソフテイルだけに、走行中の快適性はバツグン。前後サスやブレーキの性能はダイナと比べるのが申し訳ないほど進化を遂げていて、現代のバイク的乗り味。対してダイナは年式が旧いだけに各部のヘタリもあるだろうが、とにかく旧車的な乗り味だ。

【4】カーブの曲がりやすさ

前後サスがよく動くうえに、重心位置も車体の真ん中に近いソフテイルは、ダイナと比較することがナンセンスなほど曲がりやすい。かといってダイナが曲がりにくいということではない。ダイナも曲がりやすいが、乗り味が前時代的。単純に性能でいえばソフテイルのほうが上手だが、ハンドリングは好みの部分も大きい。

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load