これだけ押さえとけば怖いモノなし! 革ジャンの基本ルール

ハーレー乗りのユニフォームでもある革ジャン。無造作に合わせるだけでサマになる王道アイテムだが、実はその着こなしには「ルール」が存在する。せっかく高い金を出してゲットした革ジャンなんだから、周囲から「ダサい」なんて言われたくないでしょ?この基本ルールさえアタマに入れておけば、
きっと周囲の仲間から「最近アイツ、カッコいい」と噂になるはず!

 

ライダースはサイズ感ですべてが決まる。

 

ハーレーオーナーなら1着は持っているであろうダブルライダースジャケット。こいつをクールに着こなすポイントはたったひとつ、“サイズ感”だ。大きすぎたら野暮ったいし、小さすぎてもダサく見えちゃう。ライダースのサイズは「肩で合わせる」が基本。いろんなサイズを試着して、自分にジャストのサイズを覚えるべし。

※ちなみにこのページのモデルの体型は、身長180㎝、体重70㎏

 

36インチ

評価:△

 

一見ジャストサイズに見えるが、ソデは短く、胸や腹まわりも窮屈でラーメンをすするのにも一苦労。ただしGベストを上に羽織るなら、これくらいの小さめサイズのほうが似合う

 

 

38インチ

 

評価:◎

こちらがジャストサイズ。ライダースはエポレットがあるため、肩の位置がずれると肩が張ってしまい野暮ったく見えてしまう。着丈やソデ丈もちょうどよく、完璧なサイズ感だ

 

40インチ

評価:〇

腕まわりなど若干大きいかなと思ってしまうが、ライダースの下にスウェットなどを着込むなら、このサイズがベスト。ただしTシャツだけで着たい人には、このサイズは大き過ぎ

 

 

42インチ

評価:×

これはヤバい! 身幅もダボダボ、アームホールや腕もぶっとく、肩も落ちてしまっていて、最も女性にモテないのがこのサイズ感。横に大きくなっていき、太って見えてしまう

 

今回使用したライダースジャケット

SCHOTT 613 UST
ONESTAR TALL

10万5840円

ワンスターと言えば、ダブルライダースの代名詞。この613USTは、日本別注の613USの着丈を1インチ長くしたモデルだ。ライディング時にも背中が出にくく、またすっきりとしたフォルムは、’70sのワンスターを彷彿させる。スタイリッシュバイカーの必需品だ

問/Schott Grand Store TOKYO
http://www.schott-nyc.jp

 

 

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

CLUB HARLEY TOPへ

No more pages to load