BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ロードグライド ウルトラ(ROAD GLIDE ULTRA)2019年モデル/ハーレーカタログ

“ウルトラ”の装備を奢った2眼ツアラーの最上級モデル

大型のフェアリングをフレームに固定することで、軽快なハンドリングを実現した“ロードグライド”に、ロワーフェアリングとツアーパックという、ウルトラ系の装備を加えたモデル。最大の特徴は“シャークノーズフェアリング”。デュアルヘッドライトの近未来的な顔ツキ、そしてロードグライドならではの安定感ある走りで、玄人なハーレー乗りから愛されている。“バットウイングフェアリング”とは異なり、ダイレクトにハンドルで風を受け止めないので長時間乗っても疲れにくい。ロングツーリング派にオススメだ。

ロードグライド ウルトラ(ROAD GLIDE ULTRA)のディテール紹介

左右のサドルバッグとツアーパックによって大容量の積載スペースを確保。ツアーパックの上にはキャリアも備えている。

足元からの走行風を防いでライダーの疲労を軽減するロワーフェアリング。左右それぞれの内部にはラジエターが収められている。

フェアリング右のボックスには、USBポートを装備。意外に大きくiPhoneの収納はもちろん、多目的に使える。

個性的な顔ツキを印象づける“シャークノーズフェアリング”を装備。空力特性が優れていることもポイントだ。

ちょうどウインドシールドの付け根にエアインテークを装備。ここを開けると頭のあたりに走行風を導入できる。

ライト両脇にもエアインテークを装備。開閉することで、フェアリングの巻き込みによって発生する乱気流を軽減。

ライディングポジション&足つき ※ライダー身長:171cm

アップライトなうえに、手前に絞り込まれたハンドルによって、上半身が起きた姿勢になる。足つき性も悪くないが、ベッタリとは届かない。重量もかなり重いので少々恐怖だ。

ロードグライド ウルトラ(ROAD GLIDE ULTRA)データ

FAMILY

ツーリングファミリー

Engine

ツインクールド ミルウォーキーエイト114

新車価格帯

386万7800円~404万1800円

※こちらに掲載されている情報は2019年7月時点のものです。

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load