BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フリーウィーラー(FREEWHEELER)2019年モデル/ハーレーカタログ

フェアリングのないチョッパーのようなトライク

フル装備の“トライグライドウルトラ”に対し、装備を削ぎ落とすことで、ストリートを気軽に走れるスタイルに仕上げた。短く、後端が跳ね上がった形状のボブテイルフェンダーや、ミニエイプハンドルを採用して、カスタムテイストを強調しているのも特徴だ。それに伴って、オリジナルデザインのホイールを採用。アメリカの往年のスポーツカーを彷彿させる深いリムなど、好きモノを唸らせるディテールも秀逸。フロントホイールを19インチに大径化したことで、軽快なハンドリングに仕上げられている。

フリーウィーラー(FREEWHEELER)のディテール紹介

ハーレーの伝統的な装備といえるヘッドライトナセルを装備。

ボブテイルフェンダーとスポーティなデザインのホイールによって、リアの足まわりは往年のマッスルカーのようだ。

トランクは、フルフェイスヘルメットを2個収納できる容量を確保。

ミニエイプハンドルによってチョッパー的な雰囲気。メーターをタンクのコンソールに収めて、見た目もスッキリ。

十分な肉厚を確保しつつも、シンプルにデザインされたシート。座り心地もよく、長時間のライディングにも対応。

フロントホイールは軽快な19インチを採用。ブレーキは、強力な制動力を発揮するトライク用の6ポッドキャリパーをダブルで装備する。

フットブレーキを踏むとフレームのネック部に配したマスターシリンダーが作動し、前後のブレーキが連動する。

ライディングポジション&足つき ※ライダー身長:171cm

ミニエイプハンドルを採用しているため、ポジションはチョッパー風。フェアリングのないシンプルなフロントまわりなので、またがってみるとバイクっぽい印象。爽快感を堪能できる。

フリーウィーラー(FREEWHEELER)のディテール紹介

FAMILY

トライクファミリー

Engine

ミルウォーキーエイト114

新車価格帯

372万600円~389万4600円

※こちらに掲載されている情報は2019年7月時点のものです。

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load