BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ロードキング スペシャル(ROAD KING SPECIAL)2019年モデル/ハーレーカタログ

流行のカスタムでベーシックなスタイルを一新!

旧きよき時代のハーレーをモチーフにして誕生した“ロードキング”だが、こちらは流行のカスタムを施すことで、現代的なカッコよさを加えたモデル。114エンジンや足まわりにブラックのパーツを多用して全体をダークにまとめながら、ストレッチしたサドルバッグなど、見た目のアクセントになるパーツを用いることで、往年のハーレーから人気のバガースタイルへと生まれ変わっている。フロント19インチの大径ホイールや、ウインドシールドを取り去った潔さなど、ストリートをクールに走りたい人にオススメだ。

ロードキング スペシャル(ROAD KING SPECIAL)のディテール紹介

ロードキングのエンジンはクロム仕様だが、スペシャルはブラック仕様であることに加えてパワフルな114エンジンを搭載。OHV方式のエンジンならではのプッシュロッドをクロムにすることで、メリハリある見た目と同時にハーレーらしさも主張する。

フロントまわりもブラック仕様。フォグランプや大きなウインカー、さらにウインドシールドを撤去してシンプルな表情。

ミニエイプハンドルを装備。タンクコンソールも黒くして、またがった時にクロムが視界に入らない硬派っぷり。

スポークの本数が多い、その名も“タービンホイール”を採用。フロントを19、リアを18インチにサイズも変更。

バガースタイルで人気のストレッチサドルバッグを装備。テールランプはウインカー一体式でカスタム感を強調。

ライディングポジション&足つき ※ライダー身長:171cm

ロードキングとほぼ同じながら、ウインドシールドやフォグランプのないフロントまわりによる解放感は格別。シート高も若干低くなっているので、足つきも不安のないレベルだ。

ロードキング スペシャル(ROAD KING SPECIAL)データ

FAMILY

ツーリングファミリー

Engine

ミルウォーキーエイト114

新車価格帯

317万4600円~334万8600円

※こちらに掲載されている情報は2019年7月時点のものです。

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load