BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ストリートボブ(STREET BOB)2019年モデル/ハーレーカタログ

シンプルさが際立つ、軽快なチョッパー

余計なモノを徹底して排除し、短くカットしたデザインのリアフェンダーやミニエイプハンドルによって、チョッパー風スタイルに仕上げたモデル。シンプルがゆえに価格もリーズナブルで、ソフテイルファミリーの中でも最もオーソドックスなモデルといえる。ステップ位置もフォワードタイプではなく、自然な位置にくるミッドコントロールを採用。そのため、自然なライディングポジションで車体を持て余すことがなく、走りを積極的に楽しめることも特徴だ。チョッパー的なルックスはもちろん、軽快な走りも魅力。

ストリートボブ(STREET BOB)のディテール紹介

ハンドルクランプと一体型の小ぶりなデジタルメーターでハンドルまわりは極めてシンプル。

小ぶりでシンプルなソロシートを採用。肉厚なので乗り心地もいい。

短くカットしたデザインのフェンダーを装備。テールランプはウインカーと一体型。

ヘッドライトは最新のLEDを採用。オールドスクールなスタイルのストリートボブにも、違和感のないデザイン。

チョッパー定番の小ぶりなタンクは、シンプルなデザインだが容量は13.2リットルあるのでロングツーリングにも対応。

ステップにはミッドコントロールを採用。街中を軽快に走るチョッパーにはベストなポジションといえるだろう。

フロントフォークとホイールを黒くして表情を引き締めた。19インチホイールによるニュートラルな操縦性も魅力。

ライディングポジション&足つき ※ライダー身長:171cm

ステップの位置が高いので、ポジションは意外とコンパクト。余計なモノがいっさい付いていないので、車重がソフテイルの中で最も軽く、とても乗りやすい。足つきもベッタリ。

ストリートボブ(STREET BOB)データ

FAMILY

ソフテイルファミリー

Engine

ミルウォーキーエイト107

新車価格帯

180万2000円~188万2000円

※こちらに掲載されている情報は2018年12月時点のものです。

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load