BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ローライダー(LOW RIDER)2019年モデル/ハーレーカタログ

歴史的名車“ローライダー”のイメージを継承

ウィリーGによるプロデュースで1977年に登場した名車“FXSローライダー”。ドラッグレーサーを彷彿とさせるロー&ロングなスタイル、そして当時のスポーツモデルのような本格的な装備で爆発的にヒットした。その現行モデルは、初代ローライダーを彷彿させるバイザーやタンク上部に縦に並んだメーターなど、アイコン的なディテールを残しつつも、大きくプルバックしたハンドルによって、スポーティというよりもスタンダード的な位置づけになった。非常に乗りやすく、ビギナーにもオススメなモデルだ。

ローライダー(LOW RIDER)のディテール紹介

LEDヘッドライトの上部には昔懐かしいバイザーを採用。このディテールに往年のハーレーらしさを感じる人も多いハズ。

スピードとタコメーターが縦に2つ並んだタンクコンソールも、ローライダーならではの装備だ。

リアタイヤを覆うフェンダーとベーシックなテールライト。今でこそ少なくなったが、これもハーレーらしい部分。

ライダーの腰を包み込むような形状のシートは、十分な肉厚で座り心地は良好だが、パッセンジャー側は小さめだ。

19インチのホイールはローライダーだけの専用品。リアは16インチで、スポーティなハーレーの王道サイズだ。

大きくプルバックしたハンドルを装備。身体の近くにグリップがくるので、非常にリラックスしたポジションになる。

ライディングポジション&足つき ※ライダー身長:171cm

大きくプルバックしたハンドルとミッドコントロールのステップによって、腕にゆとりがあるリラックスしたポジション。肉厚なシートだが足つきは良好。不安はないハズだ。

ローライダー(LOW RIDER)データ

FAMILY

ソフテイルファミリー

Engine

ミルウォーキーエイト107

新車価格帯

201万2900円~205万4900円

※こちらに掲載されている情報は2018年12月時点のものです。

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load