BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【チャレンジ企画】放置したバイクをピカピカにする~前編

私(クラブハーレー編集部アメミヤ)の愛車は1984年式のXR1000。自分なりに大切にしているのだが、ある日電気系トラブルに見舞われたことをきっかけに乗る気を削がれ、ついでに車検も切らしたことで、恥ずかしながら会社の倉庫に何年も放置してしまっていた。でも、最近車検を取得したことで再び気持ちに火がつき、「せっかくならピカピカにして路上に復活させる!」と燃えているが……

愛車の現状は……

購入以来、“フクピカ”で拭いたことはあっても、1度も洗車ということをしたことがない。故障したのは確か6年ぐらい前。以来乗らずに放置していたが、幸いなことに屋内保管だったために状態は悪くない。とはいえ、エンジンにはびっしりとホコリが積もり、なんか全体的に茶色っぽくなった気も。

せっかくのマフラーが!!

XR1000といえば、左側に取り回されたアップマフラーを思い浮かべる方も多いことだろう。実際、私自身も大好きなディテールのひとつなのだけど、それだけに愛車のマフラーの劣化が気になっている。

いま取り付けているマフラーは純正品だが、この車両を購入した当初は前オーナーの転倒によるキズ跡か、エキパイがひどく潰れた状態だったので、某オークションサイトで売りに出ていた未使用デッドストック品をわざわざ落札して交換したもの。「うひょー未使用新品だぜ~」と浮かれたものの、マフラーエンドには既にサビが発生した状態。若干気にはなったモノの、「ま、いっか」と、そのまま取り付けていたのだ。

マフラー出口の内側にサビが発生。写真では日の当たり加減でそれほどサビているように見えないのだが、肉眼で見るとワリとサビてます

また、以前マフラーを拭き掃除していたときに、パーツクリーナーを使ったところ、色落ちしてしまったのか白く変色。「貴重なデッドストック品がぁ!!」と結構ショック。せっかく復活させるのだから、まずチャームポイントのマフラーをキレイにしたいのだ。

パーツクリーナーで掃除したらエキパイが変色。ところどころ白っぽくなってしまった。車体を左側から眺めたとき、無意識で見てしまうほどお気に入りのディテールなだけに、見るたびに変色してるなぁ(涙)と、気になっていたのだ

自分でマフラー塗装にチャレンジ!

まずは取り外し

というワケでマフラーを再塗装してキレイにすることに。ひと月に使える金額がビックリするほど限られている私なので、当然プロに依頼すぜに自分でやる。車体に取り付けたままではキレイに塗れそうにないので、面倒くさがらずに取り外してみた。

車体から取り外したマフラー。この状態からさらにサイレンサーも外してバラバラにする
マフラーから取り外したヒートガード。別にそれほど劣化してないけれど、せっかくなのでこれも塗り直してキレイにします

サビを落とす

マフラーエンドのサビを落とすことからスタート。サビ落としのケミカル用品を使ってもいいだろうが、ここは節約根性でサンドペーパーで磨いて落とした。まずは150番のペーパーでガリガリ落とし、320番でペーパー痕を整えたのだが、マフラーエンドのエッジ部分に指が当たってなかなか痛い。ということで、自分的に頑張ったがコレが限界。

使用したのは「99工房」の“耐水サンドペーパーセットS”。小さめのサイズだが、サビている部分も少ないのでコレで足りる……かな!?
真剣にサビを落とそうとすると親指がマフラーのエッジ(めっちゃシャープ)に当たってケガしそう。ケチらずケミカルを使ったほうが安全かも

 

ビフォー。マフラーエンドのフチなどにサビが発生。このマフラーを購入した当初からサビは出ていたが、乗っているうちに巨大化した気もする
アフター。指が入りにくいけど頑張ったよ、オレ。もっと時間かければさらにキレイに落とせた気もするが限界です。コレで妥協。所要時間は2本で30分ほど

下地を作る

塗料がしっかりと食いつくように、マフラー全体を600番のサンドペーパーで磨く。マフラーに満遍なくスクラッチ痕が入るように磨いたけど、この時チカラを込めすぎるとスクラッチ痕が深くなりすぎてしまうので注意。深いキズは塗装後も埋まらない場合があるのだ(※経験者)。あくまでも軽く、全体をならす感じで磨くべし。

600番のサンドペーパーで全体を磨く。エキパイはもちろん、サイレンサーやヒートガードも磨く。見える部分だけでなく裏側も満遍なく磨くべし

塗装前に脱脂する

塗装面に油分が残っていると塗料のノリが悪くなるので必ずシリコンオフで脱脂。この際は素手でベタベタ触らないこと。手の油分で塗料が弾かれてしまうぞ。

脱脂には「99工房」の“シリコンオフ チビ缶”を使用した。カー用品店で入手できる
シリコンオフをウエスに付けてマフラー全体を拭く。このときに素手でマフラーをベタベタ触らないように注意。また、すぐに塗装せず液剤が乾くのを待とう

いよいよ塗装!

肝心の塗装は、焦らないこと! 一気に厚塗りするのも“垂れ”の原因になるので注意。何回かに分けて薄く塗り重ねていくこと。スプレーも塗る面に対して平行に均一に動かす。といいつつも、私は一気に厚塗りしてしまったのだが、くれぐれも垂れと塗り残しに注意すべし。

塗料には「LAVEN」“耐熱塗料ブラックつや消し”を使用。取り付け後にエンジンをかけて熱を加えることで硬化する
スプレーはもちろんだが、立体物なだけにときにはマフラー側も回転させながら塗ると、塗り残しもしにくい
塗装前にタイラップなどを使って持ち手を作っておくことをオススメする。塗ってから気づくのでは失敗の元(※経験者)。塗る前に頭の中で何度かシミュレーションしておくといい
これは段ボールで作った簡易塗装ブース(笑)。スプレー塗料は想像以上に飛散するので塗装する場所をしっかりと考えないと大変なことになる(※経験者)。ペイントは実際の塗装作業よりも、準備のほうが大事なのだ

 

塗装場所と同じように、乾燥させる場所もあらかじめ考えてから作業しよう。私の場合は100均などで売っているS字フックを使い、物干しざおに吊るして乾燥。そうしないと、乾ききらないうちに触ってしまうなど、失敗の原因になる

完成!

丸1日以上、自然乾燥させた後で車体に取り付けた。取り付ける際にはキズつけたら元も子もないので、細心の注意を払い、すべての行動をそろりそろりと行った。若干ムラが気になるけれど、素人作業と考えれば納得いくレベル。サビも落とせたし、新品のようなツヤのない輝き(っていうのかな)が戻ったぜ!

上がビフォーで下がアフター。サビも落とせた、というか目立たなくなったし、まったくツヤのない質感がとても美しい! と自己満足。若干ムラがあるけど、私的には許容範囲。むしろ褒めたい
左がビフォーで右がアフター。白く変色したエキパイもご覧の通りのつや消しブラック。ヒートガードも塗装したので質感もバッチリ合っている(自画自賛)

ビフォー

アフター

 

出典

SHARE

PROFILE

編集アメミヤ

編集アメミヤ

得意分野は歴史やカスタム系というガチオタ。初ハーレーはFLSTFだが、納車直後に盗難されるという憂き目に合う。めげずにXLH883を購入してカスタムに開眼。現在の愛車はXR1000

得意分野は歴史やカスタム系というガチオタ。初ハーレーはFLSTFだが、納車直後に盗難されるという憂き目に合う。めげずにXLH883を購入してカスタムに開眼。現在の愛車はXR1000

No more pages to load