BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

【チャレンジ企画】放置したバイクをピカピカにする~後編

私(クラブハーレー編集部アメミヤ)の愛車は1984年式のXR1000。自分なりに大切にしているのだが、ある日電気系トラブルに見舞われたことをきっかけに乗る気を削がれ、ついでに車検も切らしたことで、恥ずかしながら会社の倉庫に何年も放置してしまっていた。でも、最近車検を取得したことで再び気持ちに火がつき、「せっかくならピカピカにして路上に復活させる!」と燃えているが……。マフラーを塗装した前編に続き、今回は車体を磨く

エンジンが汚すぎる!!

前編でマフラーを塗装するために車体から取り外したワケだが、その際に驚いたのがエンジンの汚さ。ただでさえ、長年の放置によりビッシリとホコリが積もっていたが、普段エキゾーストパイプで見えない左側のシリンダーが露出したことで、よりいっそう汚さが目立っている。とはいえ、掃除したくとも30年以上も昔のバイクだし、水をバシャバシャかけて洗車するのも気が引ける……。しかし、ウエスで拭こうにもエンジンのフィンは指が入りそうで入らず、かといって綿棒ではキリがない! と、悩んだ末に私が編み出したのが、ワリバシにフクピカを巻きつけてゴシゴシする方法。洗浄成分やワックス効果もある便利なフクピカだから、エンジンも効率よくキレイになるだろうってワケだ!!

おなじみの“フクピカ”を使用。その便利さから、私はバイクはもちろん、クルマの掃除もコレしか使っていない
説明不要の“ワリバシ”。これにフクピカを巻きつければ洗浄剤&ワックス効果のある巨大綿棒になるってイメージだ
ワリバシにフクピカをフィンの間に入る程度に巻きつけてゴシゴシする。ワリバシはほどほどに長さもあるので、空冷エンジンのフィン程度の深さであれば、奥まで問題なく届く。奥に潜んだ汚れもキレイに落とせるぞ

 

とりあえずフクピカでフロントシリンダーを拭き上げた状態。リアシリンダーは未施工だ。どうっすか、このエンジン。実は黒いシリンダーだったんですよ(苦笑)

シリンダーヘッドの点サビを落とす

シリンダーに黒さが戻ってきたら、今度はシルバーのシリンダーヘッドの汚れが気になってきた(涙)。アルミ特融の白く点々と浮き出たサビと、エンジンの熱による退色だろうか、本来銀色のフィンが茶色く変色している(汚れなのか!?)。こんなときは台所の掃除グッズでおなじみのタワシ、スチールウールを使用。小さくちぎれるので狭いフィンの間も磨けるってワケだ。ただし! 実際にこれを実践するときは、まず目立たないところで試してからすることをおススメする。塗装が落ちてしまったり、必要以上にキズがついてしまう可能性もあるからだ。

おなじみの“スチールウール”。クロムメッキ部分のサビ落としなどにも有効。当然コスパが抜群に高いので私はかなりの頻度で使用しています
フィンのすき間に合わせてスチールウールを薄くしたり、ちぎったりしながらゴシゴシ磨く。白い点サビは粉が吹いた感じで、なんとなくザラザラしていたが、こんな感じで力を入れずに何度かこするだけで簡単に落とすことができる
酷く腐食した部分は落としきれなかったものの(約10分ほどの作業)、最初の状態を考えれば、だいぶ輝きが戻ってきた気がする。根気よく磨けばもっとキレイになりそうだが、根性ナシの私はこれが限界ッス

ワックスをかける

フクピカとスチールタワシのみでだいぶ輝きが戻ったものの、ツヤはほとんどない状態。このままにしてアッという間にサビてしまったらイヤだし、マフラーを取り付けたら当分掃除することができなくなるし。ってことで、掃除後に耐熱ワックスを使用。これで当分の間は汚れを防いでくれるハズだ!

黒いシリンダー部分にはハーレー純正の“エンジンブライトナー”を使用。正規ディーラーで販売されているほか、ネットショッピングでも手に入れることが可能だ
使用方法は黒いシリンダーにスプレーするだけ。吹きつけすぎたらキレイなウエスなどで拭き取ってムラをならすようにする。といってもフィンの間にウエス入らないけど……。まいっか
シリンダーヘッドはシルバー仕上げなので、YAMALUBEの“耐熱ワックス”を使用する
20cmほど離してムラがないようにスプレーする。吹きつけた後でキレイなウエスで拭き上げると均一な光沢が得られるぞ

作業完了!!

めっちゃ疲れたけど、何とか作業は終了。写真ではエンジン左側しか磨いてないけど、もちろん反対側も作業しております。ちなみにXR1000のクランクケースは塗装仕上げなので、もちろんスチールウールは使用せず、フクピカで磨いたのみだ

左がビフォーで右がアフター。マフラーを取り付けて見えなくなっちゃうのが惜しい! ってぐらいにキレイになった。黒光りするシリンダーなんて、まるで新車のようだ!!(言い過ぎ)
もちろん反対側も念入りにキレイにしております。左がビフォーで右がアフター。やっぱり黒い部分がしっかり黒いとエンジンにメリハリが出ますなぁ! これからはマメに掃除しよ(多分やらない)

【オマケ】ホイールもキレイにする

実はXRを購入して以来、フクピカで何度か軽く拭いたことはあるものの、しっかりと磨いたことはない。というワケでいい機会なので足まわりも腰を据えてキレイにすることに。さすがに足まわりは水を使ってバシャバシャやろうと思います。とはいっても、リアホイールはチェーンオイルが飛んで汚れているけれど、フロントはそれほど汚れている気はしないんだよな……

ハーレー純正の“ホイール&タイヤクリーナー”を使用。ブレーキキャリパーのシールやベアリングにも優しいうえにタイヤにも使えるのでオススメだ
まずは全体を水で流す。近所迷惑にならない場所でやりましょう
ホイール&タイヤクリーナーをスプレーする。ケチって汚れている場所だけにかけるのではなく、洗剤でホイールがヒタヒタになるぐらいかけるべし。ちなみにタイヤにも使用できるぞ
全体にスプレーしたら、少し時間をおき、汚れが浮いてきたらブラシで洗浄。この際はスポークのすき間もゴシゴシできる大きさの使いやすいブラシを選ぼう。この後で水で流せばホイール掃除は完了だ
左がビフォーで右がアフター。そんなに汚れてないと思ったけど、スポーク部分は茶色っぽさが抜け、明らかにシルバーの発色がよくなった気がする(気のせい?)

ビフォー

アフター

出典

SHARE

PROFILE

編集アメミヤ

編集アメミヤ

得意分野は歴史やカスタム系というガチオタ。初ハーレーはFLSTFだが、納車直後に盗難されるという憂き目に合う。めげずにXLH883を購入してカスタムに開眼。現在の愛車はXR1000

得意分野は歴史やカスタム系というガチオタ。初ハーレーはFLSTFだが、納車直後に盗難されるという憂き目に合う。めげずにXLH883を購入してカスタムに開眼。現在の愛車はXR1000

No more pages to load