BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ハーレーで走りたくってたまらない!『CLUB HARLEY 8月号』はツーリング大特集!!

▼巻頭特集:フリーダムな夏の旅、ハーレー乗ってどこへ行く!?

時は満ちた――。長かった外出自粛がひとまず緩和され、県外への移動制限も解除されたいま、我々の思いはただひとつ、「ハーレーで走りたい!」。
ここぞとばかりに以前から行ってみたかった絶景ロードを目指してみるのもいいし、うまいメシを食べるためだけに愛車を走らせたっていい。極論をいえば、目的をもたずにブラブラ走るだけだっていい。それだけでも自由にバイクで走り回れことの大切さを改めて実感できるハズだ。
梅雨が明ければいよいよ本格シーズンがやってくる。そのときを気持ちよく迎えるためにも、まずは今夏のツーリングプランを立てることからスタートしよう。ただし、第2波が心配されているだけに、これまで以上の配慮は大切。再び外出規制なんて事態にならないためにも、最低限のマナーを守って楽しもう!!

ハーレー乗りの必需品、アイ・ウエア徹底ガイド

走行風や光から目を守るアイ・ウエアは、バイク乗りにとって欠かせないギアのひとつ。視界をクリアに保つことは、安心して走りを楽しむための必須条件なのだ。また、アイ・ウエアはファッション要素も高いので、機能的ならなんでもよし、というわけにもいかない。そこで、機能性もルックスも自分のスタイルに合うアイ・ウエアの見つけ方と、人気ブランドからリリースされている最新プロダクトを一挙に紹介!

「The Artistic Motorcycles」Presented by Michael Lichter

約40年の長きにわたり、世界のカスタムシーンを撮り続けてきたモーターサイクルフォトグラファー、マイケル・リクター。これまで氏が撮影してきた芸術的なマシンのなかから、選りすぐりの一台をピックアップする人気連載。今回は、己のスタイルを貫くことで着実に評価を高めてきたアメリカ人ビルダーが組み上げた、緻密な作り込みが際立つ上質なチョッパーを紹介!

ちょい旧ハーレーの選び方、教えます!

新車でもなく旧車でもない、いわゆる“ちょい旧”のハーレーが脚光を浴びている。一時に比べて中古車相場がこなれてきたこと、ハーレーらしい雰囲気を明確に感じられるスタイリング、そのうえで、ヴィンテージより性能や信頼性が絶対的に優れている……などなど、選ぶ理由はさまざまだ。そこでクラブハーレーでは、ちょい旧世代の人気車種を徹底リサーチ。年式によるキャラクターの違いや、中古市場の実勢相場など、ちょい旧でハーレーライフを楽しむための、知って得する情報を紹介する連載企画を展開中!

【HEAD FACTORY×CLUB HARLEY】“2WAY”ワンショルダーバッグ
手に入れるなら今がチャンス!

所有欲を満たすデザインとクオリティ、そして必要なモノがすべて収まるちょうどいいサイズ感、さらにバイクに乗るときはスマートに車載できる……。そんな理想のバッグを作るため、日本の革ジャンメーカーの老舗「カドヤ」の協力のもと誕生した、こだわり満載の“2WAYワンショルダーバッグ”。この春に発売し、すぐに完売してしまったが、大好評につき数量限定で再々入荷! この機会は絶対に見逃せない!!

詳細・購入はコチラから

人気連載や注目アイテム紹介など、その他の企画も盛りだくさん!

『気になるパーツ実験君』『持論! 推論! クエスチョン!? Chopper多事争論』『ハーレー雑学王』『I LOVE SPORTSTER』『1000ライダー 1000ハーレー』など、人気の連載企画も絶好調!

クラブハーレー2020年6月号の購入はコチラから!

出典

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load