BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

暑い日も快適に走るための技あり冷却グッズ 風力編

真夏の暑さは走るモチベーションが下がるだけでなく、甘く見ると体調を崩す危険性があるので要注意。そんな夏の走りを快適に楽しむため、冷却グッズを取り入れてみてはいかがだろうか。今回は風の力を利用して、体感温度を下げてくれる技ありアイテムと使い方を紹介していく。

ソデから走行風を服の中に取り込む

VENTZのエアーインテークは、その名の通りフロントが網目状になったエアダクトをトップスのソデに取り付けることで、走行中に受ける風を取り入れ上腕から脇エリアに滞留する熱い空気を排出してくれる。メーカーのテストでは装着より10分で7℃も体感温度が下がったというデータが得られているという。リーズナブルで効果抜群なアイテムだ!

Ventz
エアーインテーク
2700円

ダクトは網目状になっているので虫やゴミの侵入を防いでくれる。

 

電気が一切不要のアナログなアイテムなので安心して使えるのも魅力

問い合わせ/リンクス
TEL075-708-2362 http://linksofjapan.jp

 

 

水が気化する力で身体を冷やす

アメリカ軍の様々な部隊や消防隊が正式採用している冷却ベスト。使い方は、ベスト本体をそのまま水に浸し、軽く絞ったら、濡れた状態で着用。水が蒸発していく時の気化熱によって身体を冷やすという仕組みだ。さらにここへ走行風が加わるとより冷えるため、真夏のツーリングにもってこいのアイテムとなっている

ハイパークール
クールベスト
9800円

準備はベストに水を染み込ませて軽く絞るだけ。しかし、水を切る際に素材を傷めると性能が落ちてしまうので、優しく押すように絞るべし

 

問い合わせ/キャピタル販売
TEL03-3338-1788 http://hyperkewl.jp

 

小型のファンで風を取り込む機能服

小型のファンを備える空調風神服は、専用バッテリーを動力にファンが回ると外気をジャケットの内側に取り入れてくれるという画期的なアイテムだ。身体の表面に大量の風を流すことによって汗を気化させるので、涼しい感覚を持続することができる。肩に反射パイピングを備えるので夜走りも安心!

空調風神服BK6007SET
長袖ジャケット+ファン+バッテリー
3点フルセット
2万1450円

背中のメッシュポケットに保冷剤を入れておけば、ジャケットの中を循環する風が冷やされて心地よい風が背中を通り抜ける。専用の斜めファンは風向きを変えられるので上半身全体を冷やしてくれる

問い合わせ/ブラックラダー・ジャパン
TEL084-973-1166 http://blaklader-j.com

 

 

水道水を入れるだけでカンタン冷却

オランダのマクナによってバイク専用に開発されたクーリングベストEVOはベスト内部のレーヨン素材に水を含ませ、気化熱によって体感温度を下げるアイテム。さらに、レーヨンの外には防水性の高い素材を使用しているため、ベスト自体の内側はドライなままで、インナーやパンツが濡れないのも◎

マクナ
COOLING VEST EVO
2万1600円背面の首元に設けられた開口部から最大約600mlの水を注入でき、効果は8時間から最大で72時間持続。水を入れ替えれば効果が復活。洗濯ができるのも嬉しいポイントだ

TEL045-790-1139 http://www.nproject-jp.com

 

実際に使ってみればその効果を体感できるはず。

夏のツーリングのお供にぜひ!

 

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load