BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

進化し続けるハーレーファッションの歴史 【1900~1930年代編】

1903年に誕生したハーレー。120年ほどの歴史の中で進化してきたのはバイクだけではない。ライダーの身を守ると同時に、ファッション性も考えられたアパレルも進化を遂げている。そうしたハーレーファッションを年代ごとに見ていこう。今回はバイク黎明期1900年代からレースが盛んに行われるようになった1930年代までを紹介していく。

1900年代 ~モーターサイクル黎明期~

モータリゼーション元年といえる1900年代初頭、産声を上げたばかりのバイクは、まだ長距離を走るための乗り物ではなかった。そのため専用ウエアはなく、男性はテーラードスーツで乗ることが多かく、ドレスアップしてデートやピクニックに出かけることが多かったようだ。

 

 

 

1910年代 ~モーターサイクルがスポーツの一環として認知される~

ハーレー社がパーツとアクセサリー部門を設立した1912年ごろから、スポーツとしてバイクを楽しむことが一般的になると、専用のウエアやアクセサリーが登場。だがそれは乗馬用のウエアからデザインを流用したものだった。

 

1920年代 ~レーシングライダーのニットが広く普及~

ハーレー社がレース部門を設立した1913年、レーシングチームが結成された。当時のライダーは厚手のニットにモモがゆったりとした乗馬用パンツ、そして編み上げブーツがユニフォームとなっていた。1920年代にはレースで着られていたロゴ入りニットが一般に販売され、ファンの間で人気となった。

 

1930年代 ~安全性を考慮してレザージャケットが誕生~

1920年代からレザージャケットは存在したが、それは富裕層がオーダーして作るものだった。また、パイロットのためのフライトジャケットを着るケースも見られたが、フロントはボタン留めでバイク用としては使いにくかった。そうして1931年、ハーレー社が初めてバイク用をリリース。フロントをジッパー仕立てとし、着丈を短くした“デラックスレザージャケット”がライダースの起源となった。

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load