BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アイウエアの“レンズ”でツーリングの快適さが決まる! その2

走行中のライダーにとって必須のギアであるアイウエア。前回は環境に合わせて変化する偏光レンズ、調光レンズについて紹介したが、今回は、色の波長によって見え方が異なるカラーレンズを詳しく紹介していく。

 

カラーレンズ

見え方の違いはレンズのカラーで決まる

ファッション性で語られがちなカラーレンズは、実は環境や用途によって見え方を変える機能レンズでもある。夜でも明るく見えるものや、コントラストを高めて物をはっきり浮き立たせるなど、レンズのカラーは色や濃度によって性格が異なる。代表的なレンズカラーと、見え方の違いを少しだけ紹介しておこう。

 

濃いグレー系

濃度が高いグレーはサングラスレンズとしては定番のカラー。眩しさを抑えながら視界は自然な色彩をキープできる。夜は少し暗めになってしまう

 

濃いグリーン系

軍用のパイロットサングラスなどでも使用されるグリーンレンズ。視界のコントラストを上げながら、眩しさを抑える効果も高い万能型

 

濃いブラウン系

ブラウンもコントラストを高めるレンズカラー。視界を暖かみのある色調にするため、落ち着いた色味になるのが特徴。夕日が綺麗に見える

 

明るいブルー系

コントラストを抑えて速度のあるスポーツ競技にも使われるレンズ。ブルーは体内時計の調整効果もあり、健康面のメリットもある

 

明るいレッド系

ピンク系のレンズはコントラストをクッキリとさせ、目標物を認知する反射スピードを高めてくれる効果があるので実はバイク走行にぴったり

 

明るいイエロー系

機能レンズでありながらファッション的にも人気が高いイエローは昼も夜も明るい視界を確保できる。しかしヘッドライトの光にはやや弱い印象

 

乗り方や好みに合わせてアイウエアのレンズを選び、より快適にツーリングを楽しもう!

SHARE

PROFILE

CLUB HARLEY 編集部

CLUB HARLEY 編集部

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

「フツーのヒトが乗るちょっと特別なバイク、ハーレーダビッドソン」をテーマに、新車情報からカスタム、ファッションまで、ハーレーのあるライフスタイルを提案するNo.1マガジン。

CLUB HARLEY 編集部の記事一覧

No more pages to load