本場で見つけた3つの優良イギリスブランド

2月初旬、ロンドンでJacket Requiredというファッショントレードショーが開催された。クラッチマガジンが参加する海外の展示会のなかでも、このJacket Requiredは全体的にファッション性が高い。そして出展ブランド総数は300以上と、見応えも十分だ。

本場で見つけた-1-1200

本場で見つけた-2-1200 Robin/Hunter Boot

本場で見つけた-3-1200 Robert/Visiter

本場で見つけた-4-1200 Gordon/Pointer footwear

本場で見つけた-5-1200 Darren/Stumper & Fielding

ロンドンで開催されるショーということもあり、イギリス生まれのブランドと多く出会えるのもJacket Requiredの特徴。まだ日本に知られていないニューカマーや、日本未展開の老舗ブランドを多数発掘することができる。

今回は、別冊Lightning『英国プロダクツ』(絶賛発売中)には惜しくも間に合わなかったが、Jacket Requiredで出会った3つの優良イギリスブランドを紹介。

1.NUWOLD

本場で見つけた-6-1200 本場で見つけた-7-1200 イギリスらしいクラシックデザインをベースに、現代的な機能性もしっかりと備えるバッグ&傘ブランド。
特にこのヘッドフォンをセットできるデザインは、いわば見せる収納である。ヘッドフォンがセットされて、初めてこのバッグが完成すると言ってもいい。
カラフルなレザーやツイードとの組み合わせなど、チャレンジ精神をしっかりと持っている点も素晴らしい。すべて英国製である。
http://www.nuwold.com

2.THE BRITISH BELT COMPANY

本場で見つけた-8-1200 本場で見つけた-9-1200 1946年に創業した紳士小物ブランド。イギリスにて、主に、ベルト、サスペンダー、バッグを作っている。なかでも目を惹いたのは、サスペンダー。カラバリやデザインがとにかく豊富で、フォーマル用、パーティ用など、シーンによっていろいろと揃えたくなる。
http://www.thebritishbeltcompany.com

3.MDN ENG

本場で見つけた-10-1200 スニーカー感覚で履けるレザーシューズを作る注目の新ブランド。1足1足、職人たちがイギリス国内で生産している。製法はアナログでも、見た目はとてもモ ダン。バックル付き、シューレース付き、スリッポンの3型で展開し、履き心地も見た目の印象も、重すぎず軽すぎず、優秀な点を挙げればきりがない。遊びの靴として1足持っていたい。
http://www.mdneng.com

イギリスブランドの魅力は、カジュアルでも品があり、長く使えること。
たとえ言葉や文化が違っても、真剣なモノ作りへの思いは国境を超えて伝わってくる。

最後に、こちらはイギリスブランドではないが、あまりにグッドデザインだったので番外編として紹介。

番外編……IZOLA

本場で見つけた-11-1200 IZOLAはバスグッズやキッチングッズなど身の回りのあらゆるグッズを展開するアメリカブランド。イギリス代理店であるMEN’S SOCIETYのブースで出会った。
こちらは1950年代からインスパイアされたイラストをパッケージに用いたソープセットで、石鹸自体も植物由来成分のみを使用し、18世紀の製法で作っている。ギフトにもおすすめ。
http://www.izola.com
http://www.menssociety.co.uk

(Photo & Text by CLUTCH Magazine 編集部)

SHARE

PROFILE

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

日本と世界の架け橋として、国外での販路ももつスタイルカルチャーマガジン。本当に価値のあるモノ、海外記事を世界中から集めた、世界基準の魅力的コンテンツをお届けする。

CLUTCH Magazine 編集部の記事一覧

日本と世界の架け橋として、国外での販路ももつスタイルカルチャーマガジン。本当に価値のあるモノ、海外記事を世界中から集めた、世界基準の魅力的コンテンツをお届けする。

CLUTCH Magazine 編集部の記事一覧

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load