LAの人気セレクトショップクルージングと売れ線アイテム調査の旅 #1 Self Edge

CLUTCH編集部、LAの人気店「Self Edge」へ!

毎年1月と2月は海外のファッショントレードショー出展のため、アメリカやヨーロッパ各国を旅するクラッチ編集部。2016年最初のワールドツアーの締めくくりはアメリカ・ロサンジェルス。アメリカの旧きよきカルチャーが残る都市であり、ヴィンテージファッションはもちろん、サーフィンやモーターサイクル、スケートに関連するファッションの発展は世界一といっていいほど。

そんなロサンジェルスには、我々が行くべきセレクトショップが多数ある。滞在時間わずか半日というキビシイ条件のなか、以前から親しくしているショップへの挨拶も含め、いざ“必修”セレクトショップめぐりの旅へ。さらに、人気店ではいま何が売れているのか? ロサンジェルスのヘリテージファッション事情を調査開始。

まずはここ。ロサンジェルスのなかでも有数のファッションストリートかつ、大人のための落ち着いた雰囲気が魅力のラ・ブレアアベニューにあるSelf Edge

LAの人気#1-1-1200

LAの人気#1-2-1200

「セルビッジ」の語源にもなっているSelf Edgeを店名に冠しているように、デニムへのこだわりが強いショップだ。IRON HEARTやTHE FLAT HEADなどのジャパンデニムを中心に、日本やアメリカの良質なウエアやシューズも取り扱う。店舗はポートランド、サンフランシスコ、ニューヨーク、メキ シコ・サンホセデルカボにもあり、北アメリカを代表するプレミアムデニム&ウエアのセレクトショップとして知られる。

そんなSelf Edgeで、いま売れている商品5つをピックアップ。

1.IRON HEART IH-633S 21oz.

LAの人気#1-3-1200

ヘビーオンスデニムは相変わらず海外でも人気。ロサンジェルスではバイカーからの支持が特に厚い。彼らにとってはもはや「ひとり1本」の領域かもしれない。ヘビーオンスのデニム作りではトップクラスの知名度であるIRON HEARTのラインナップのなかでも、股上やや深め、テーパードシルエットのIH-633Sがロングヒット中。

2.3sixteen SL-100X

LAの人気#1-4-1200

岡山製のセルビッジデニムを用い、アメリカ国内で作る3sixteenのデニムは、シンプルかつ良質、そしてモダンなシルエット展開で人気を集める。ロサンジェルスのSelf EdgeではTシャツ1枚でもスタイリッシュに決まるスリムストレートが好調。

3.GOOD ART HLYWD BELT LOOP BUDDY

LAの人気#1-5-1200

LAの人気#1-6-1200

ロサンジェルスのアクセサリーブランドGOOD ART HLYWDの真ちゅうベルトループバディが上位にランクイン。スムーズにベルトループにひっかけることができ、鍵やウォレットチェーンをつなぐのに便利。主張しすぎないデザインも良い。

4.BUZZ RICKSON’S William Gibson Collection MA-1

LAの人気#1-7-1200

年中通して穏やかな気候が続くロサンジェルスで思わぬアイテムの登場。聞けば、冷え込む朝晩に羽織るために買っていく人や、海外からの観光客に人気なのだという。本場アメリカ人も大満足の本格的なディテールワーク、そしてファッションアイテムとして着こなせるBUZZ RICKSON’S William GibsonコレクションのブラックMA-1は、取材日の時点で残り1着!

5.PF FLYERS

LAの人気#1-8-1200

メイド・イン・アメリカのローテクスニーカーブランドのなかでも根強い人気をほこるPF FLYERSは、どのモデルも全般的に売れている。ジーンズとの相性は言わずもがなGOOD!店内では壁に旧いアドバタイジングをコラージュしており、売り場面積も広い。

他にも、THE FLAT HEADのバリエーション豊富なネルシャツや新しく入荷したYUKETENのブーツもおすすめ。

日本とアメリカの良質なモノ作りがクロスするショップ、Self Edge。ここで売れているモノは世界に認められたプロダクツと言っても過言ではない。日本人としては、こうして日本のプロダクツが海外で評価されていることに嬉しさを感じずにはいられない。

続いて、同じくラ・ブレアアベニューにあるあの人気ショップへ。

Self Edge Los Angeles
144 N. LA BREA AVE.@ BEVERLY BLVD. LOS ANGELES, CA 90036
Tel.(323) 933-9000
12PM-7PM (Mon-Sat)
12PM- 5PM(Sun)
http://www.selfedge.com

(Photo&Text by CLUTCH Magazine 編集部)

SHARE

PROFILE

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

日本と世界の架け橋として、国外での販路ももつスタイルカルチャーマガジン。本当に価値のあるモノ、海外記事を世界中から集めた、世界基準の魅力的コンテンツをお届けする。

CLUTCH Magazine 編集部の記事一覧

日本と世界の架け橋として、国外での販路ももつスタイルカルチャーマガジン。本当に価値のあるモノ、海外記事を世界中から集めた、世界基準の魅力的コンテンツをお届けする。

CLUTCH Magazine 編集部の記事一覧

No more pages to load