女性向けヴィンテージを探しに、 ニューヨークで開催された”MANHATTAN VINTAGE”行ってきました!

ヴィンテージやメンズ並みの作り込みがされた洋服を、女性らしくセクシーに着こなす。そんな女性たちが、『CLUTCH Magazine Vol.48』の特別企画“CLUTCH Magazine for Women”では32ページにわたって登場している。

そして、その世界観に惹かれるCLUTCH WOMENならば気になるイベントが、ニューヨークはマンハッタンの一角で開催された。ウィメンズのヴィンテージショー”MANHATTAN VINTAGE”である。

ニューヨーク・マンハッタンで開催する、ヴィンテージショーとは?

「告知メールには’90s Forever”という文字が躍っているけど……?」と多少の不安はあったものの、楽しそうなイベントであることに変わりはない! ブルックリンで日中の取材を終わらせたのち、急いでマンハッタンへ移動。
会場は広すぎず狭すぎず、80ブースほどが出店していた。

春のビンテージ-1-1200

春のビンテージ-2-1200

入った瞬間に飛び込んでくるのはカラフルなワンピースやブラウス、ド派手なアクセサリーにシューズ。ウィメンズヴィンテージならではの楽しみが目の前に広がる。

春のビンテージ-3-1200

春のビンテージ-4-1200

春のビンテージ-5-1200

「このゴージャスさを待っていました!」と興奮気味にブースを回った。コスチューム用のドレスや小物なども中には並んでいたが、十分デイリーに着ることができるアイテムばかり。

注目したのは、こちらのヴィンテージレース!

春のビンテージ-6-1200

春のビンテージ-7-1200

春のビンテージ-8-1200

春のビンテージ-9-1200

春のビンテージ-10-1200

春のビンテージ-11-1200

中でも目をひいたのは、ヴィンテージのレースブラウスで、どのブースも数多くそろえていた。細部まで手の込んだレース編みやビーズ刺繍、いまにも破れそうな繊細な生地と、ヴィンテージにしか表現できない美しさが漂う。このショーで見かけたブラウスは、1900年〜1920年代に作られたものが多かった。約100年経った今でもこれほど綺麗に残っているなんて……。

毎年春になるとレースブラウスやメキシカン刺しゅうスモックが気になるわけだが、特に最近はボーイッシュなアイテムがトレンドだからこそ、こんなヴィンテージのレース&刺しゅうアイテムを持っているとお役立ち。デニム、ファティーグパンツ、チノと、案外何にでも合う。

日本のヴィンテージショップでも比較的手に入れやすいので、ぜひ探してみては。

今後のMANHATTAN VINTAGE開催予定はこちらで確認を。
https://manhattanvintage.com

マンハッタンという大都会は、最先端のコレクションがいち早く到着する一方、こうしてヴィンテージのイベントも大々的に行う。「新しくなくてはいけない」「旧いものがエラい」そんな決めつけのない自由な空気が流れている街なのだと、改めて実感できたイベントだった。

SHARE

PROFILE

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

日本と世界の架け橋として、国外での販路ももつスタイルカルチャーマガジン。本当に価値のあるモノ、海外記事を世界中から集めた、世界基準の魅力的コンテンツをお届けする。

CLUTCH Magazine 編集部の記事一覧

日本と世界の架け橋として、国外での販路ももつスタイルカルチャーマガジン。本当に価値のあるモノ、海外記事を世界中から集めた、世界基準の魅力的コンテンツをお届けする。

CLUTCH Magazine 編集部の記事一覧

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load