アメリカ、ヨーロッパ、日本……街で見かけるチョークアートの世界観が1冊に

海外の街を歩いていると、カフェやレストラン、それにアパレルショップなどで見かけるチョークを使ったアートワーク。メニューや看板、ときには店内を彩るアートとして、昔ながらのアナログなチョークアートが今、再注目されている。そのアートワークも様々で、写実的なモノから、ポップなモノ、それにクラシックな文字だけを使ったモノなど。さらに使うカラーもベーシックなホワイト一色のモノから多くの色を使った鮮やかなモノまでと、そのスタイルも実に幅広い。

2-1200

そんなチョークアートに焦点を当て、アメリカ、ヨーロッパ、それに日本で活躍するアーティストから、それぞれの街を彩るチョークアートのスナップまで網羅した1冊が発売された。普段何気なく目に飛び込んできているチョークアートも、あらためて見るとそれぞれにアーティストの個性があることがわかる。ひとつの空間演出術として、チョークアートの存在は見逃せないモノになっている。

1-1200

チョークアートを得意とするアーティストを求めて、日本のみならず、アメリカ、ヨーロッパでも取材を敢行。アーティストによっても、それぞれに作品への取り組み方やテクニック、それに作り上げる作品にも特徴がある。

3-1200

ちょっとした看板から、メニュー、それに店内装飾としての作品まで。世界中でおさめたスナップを大ボリュームで掲載した『チョークアート』、まさにチョークアートの今を知ることができる貴重な一冊だ。

s_2016052804

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load