フォトグラファーMaikoのロサンジェルスガイド#8 【ヴィンテージショップ編】

ロサンジェルスに拠点を置く女流フォトグラファーMaikoが、ロサンジェルスでいま注目されているショップやエリアを紹介。小柄な身もなんのその、ファッションからフードまで、実際にMaikoが歩き回って仕入れた情報を続々更新する。

今回はリトルトーキョーのRaggedy Threads Vintage Storeをご紹介。ダウンタウン・リトルトーキョーは、ヴィンテージアイテムで知られる場所ではないが
最近、知る人ぞ知るホットスポットになりつつある。Raggedy Threadsは、1900年代から’80年代までのメイドインUSAのものを扱うショップだ。2002年の開店からまもなく、ヴィンテージファンやデザイナーたちが必ず訪れるスポットとなった。

店内で見つけたアイテムを紹介

1-1200
上着はBORO、中はPollockのプリズナーシャツで、こちらは100年以上も前のものだ。

2-1200
こちらは’40年代から’50年代の、オリジナルリペアファームジーンズ。

3-1200
左が’40年代のオリジナルリペアオバーオール、右が’30年代のワークコートだ。ウエアの間に並ぶのはバディーリー人形。

4-1200
パッチワークデニムの「VINTAGE」の文字。

5-1200
6-1200
主にメンズアイテムだが、ウィメンズやキッズアイテムはオンラインでチェックできる。

7-1200
raggedy threads
12AM-8PM(Mon-Sat)
12AM-6PM(Sun)
330 E 2ndSt. Ste B, Los Angeles, CA 90012
http://www.raggedythreads.com

●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load