フォトグラファーMaikoのロサンジェルスガイド#15 【アメリカンヴィンテージショップ編】

ロサンジェルスに拠点を置く女流フォトグラファーMaikoが、ロサンジェルスでいま注目されているショップやエリアを紹介。小柄な身もなんのその、ファッションからフードまで、実際にMaikoが歩き回って仕入れた情報を続々更新する。

今回紹介するのは、アメリカンヴィンテージのショップ。ダウンタウン、アート地区にあるLOT,STOCK and BARRELだ。実は一度、2014年12月号vol.33のクラッチマガジン本誌でも紹介している。

アメリカンヴィンテージショップ『LOT,STOCK and BARREL』

1-1200 2-1200 セレクトしたヴィンテージウエアと、昔ながらのチェーンステッチでリメイクしたアイテムで、こだわりの世界観を演出している。

年代物のチェーンステッチのミシンで、好みのリメイクにも対応

3-1200 ショップに置かれた旧いチェーンステッチのミシン。お好みのリメイクをオーダーすることもでき、簡単なリメイクならこの場で作業してくれる。

4-1200 5-1200 6-1200 7-1200

ショップのアイテムを一部紹介

8-1200 ヴィンテージハット。インディゴのバンドがいいアクセント。($195)

9-1200 960年代のレザーベスト($125)

10-1200 ヴィンテージの生地を使って作ったデニムジャケット。

このほかにも、オーナーが自らアリゾナで買い付けたアクセサリーなども多数取り揃えている。

LOT,STOCK and BARREL
12PM-7PM(Tue-Sun)
801 1/2 Traction Ave, Los Angeles, CA
http://www.lotstockandbarrel.com

●フォトグラファープロフィール
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load