まだまだあります、ベルリンで出会った最新注目プロダクツ#2

去る6月28・29・30日にドイツ・ベルリンで開催されたファッショントレードショー「SELVEDGE RUN」。このショーには、ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界各地からクラフトマンシップあふれる良質なヘリテージブランドが集まる。前回に続き、ここで見つけた注目プロダクツとブランドを紹介する。

【1】A PIECE OF CHIC

1-1200

フランス・リヨンを拠点とするスカーフブランド。1930〜’60年代のスカーフを参考に、上品な光沢と強度をもつシルクを用いて様々なパターンのスカーフを作っている。それらを通じ、当時の人々のエレガントなスカーフ使いを現代に継承。ヨーロッパを中心に、モーターサイクリストやヴィンテージファッションラバーから支持を集めている。

2-1200
http://www.a-piece-of-chic.com

 

【2】Simmons Bilt

スコットランドのレザージャケットブランド。フライトジャケットやライダースジャケットのリプロダクションにおいてはヨーロッパトップクラスの実力を誇るが、それだけではなくこのようなワーク系ジャケットも手がける。

3-1200

老舗生地メーカーHalley Stevenson社の24oz.キャンバス地を用いたカバーオール。こちらの記事で紹介したDUNDAS FOOTWEARとのコラボレーションモデルだ。襟の裏にはスコットランドならではのタータンチェックのウール生地をあしらっている。

4-1200
http://www.simmonsbilt.com

 

【3】CARL MERTENS

古くから刃物の街として栄えるドイツ・ゾーリンゲンで1919年に創業。カトラリーやキッチンツールを幅広く手がけているが、特にこの包丁がスタイリッシュ。東洋の包丁からインスピレーションを受けデザインされたという。刃は幅を広くとり、サビにくい素材を用いているため実用性も抜群。

5-1200
(右の2本は、同じくゾーリンゲンで100年以上続く老舗ナイフブランドOTTERのもの。)
http://www.carl-mertens.com

 

【4】Red Cloud

デニムが有名な中国のブランド。最近はこのキャンバススニーカーに世界中から注目が集まっている。

6-1200
7-1200

’60年代のフライフィッシング用シューズをモチーフにしており、ラバーソールの装着はヴァルカナイズド製法を採用。日本でも希少なヴァルカナイズド製法だが、こちらは中国で作られている。優れたファクトリーがあるそうだ。中国製という言葉に先入観を抱いてはいけない。クラシックな面持ちと頑丈さを併せ持つ優秀な1足である。
https://www.facebook.com/officialredcloud/

2回にわたって紹介した最新注目プロダクツ、いかがだっただろうか。SELVEDGE RUNでは他にも多くの良質なブランドやプロダクツに出会うことができた。バイヤーなどファッション業界の方はもちろん、通販可能なブランドの場合は、ぜひ読者の方もチェックしてみてほしい。

〇SELVEDGE RUN
http://​www.selvedgerun.com

(Photo & Text by CLUTCH Magazine 編集部)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load