ラスベガスで見つけたMADE IN LOS ANGELESの新鋭ブランド

米国・ラスベガスにて開催されたメンズファッションの合同展示会であるカプセルショーが先月開催され、集まった出展ブランドの中から、西海岸のリラックスした雰囲気の漂う新鋭ブランドをピックアップする。

O’DOUDS APOTHECARY

今、日本でも注目が集まってきたバーバースタイルには必要不可欠となるポマードや髭用のプロダクツを、質にこだわって展開するアポセカリーブランドのO’DOUDS。Clayton Doudsが2015年にブランドを設立。バーバーカルチャーを牽引するニューヨークのブルックリンを拠点としている。プロダクツに使われる素材、そして、その素材はどこで生産されるのかといった出どころを追求することがブランドのポリシー。物づくりに対しては現状に満足することなく、継続してより良い物づくりをパフォーマンスし続ける事がモットーの新鋭ブランドだ。
01-1
01-2
01-3
http://odouds.us/

FRIDAY & RIVER

ブランドの原点は、夫婦であるデザイナーの二人が家族や友達へのギフトとして様々な小物を作り始めたこと。“よく考え抜かれたデザイン、そして思いやりの詰まったアイテム”がコンセプトの新鋭クラフトレザーブランドだ。微笑ましくも、ブランド名は夫婦の姓を英訳して取った。全てのプロダクツはカルフォルニア・サンディエゴで作られており、ベジタブルタンニングレザーを使用したベルトやキャンドルホルダーなどラインアップはさまざま。革へのこだわりは強く、革自体が持つ傷を切り落とすことなく、表情として生かしている。さらに革のコンディションを保ち、長く愛用してもらうため、ケアプロダクツも展開する。
02
▲こちらブレード付きの長財布は、一枚革を切るところから、ステッチまでの全ての工程が手作業で行われている「The Discovery Wallet 」
02-2
▲一枚革から作り、手縫いしたスティッチが入ったコインケースとカードホルダーはブランドの定番アイテム「The McGraw Wallet and Cardholder」
https://fridayandriver.com/

18 Waits

ニューヨーク、カナダと自身の拠点を移した後、2011年に本格的にブランドをスタートさせた18 Waitsは、’20年代のニューヨークで違法に経営されていたバーSpeakeasyや’70年代のロックンロールスタイルをデザインのイメージソースとする。カナダやアメリカの職人によって丁寧に作られるプロダクツは常にクラフトマンシップに重きを置き、ニット、シャツやジャケットだけではなく、アクセサリーやライター、ハットなど、ラインナップは様々である。
03
03-2
http://18waits.com/

CHRISTOPHER TOD

ロサンジェルスでスタートさせたばかりのブランド。デザイナーはニューヨーク、ベルリン、ロサンジェルスを中心に販売をスタートし、ニューヨークの工場で生産まで全ての工程にデザインチームと連携して製作している。デザイナーのChristopher Woodsはヴィンテージのワークウエアなどをデザインソースとしているが、動きやすさを考え抜いた結果、ストレッチや縫製方法を駆使した機能美を表現している。
04
http://www.christophertod.com

ARTIFACT BAG CO.

ニューヨークでエンジニアとして勤めていた会社から解雇され、2010年に地下のスタジオで製作を始めたデザイナーのChris Hughes。現在はアシスタントとたった2人で建てた19世紀初期にみられるようなビルをネブラスカのOmahaに所有し、デザインやプロダクツ製作の拠点にしている。ヴィンテージに程良くインスパイアされ、リプロダクトしているのが特徴的であるが、特にUSミリタリーや1910年代から’50年代のスポーツ、ワークウエアのデザインソースをヒントに、オイルドキャンバスバッグや防水性のポーチなどに落とし込んだ小物などを幅広く展開する。
05-1
05-2
http://artifactbags.com/

Photo by Maiko Naito 内藤真依子 (Seven Bros.) Text by CLUTCH Magazine 編集部

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load