Long Beach Antique Marketにインテリア雑貨を探しに行こう【フォトグラファーMaikoのLAガイド#34】

ロサンジェルスを拠点に、小さな体と重たいカメラで写真を撮り続けるフォトグラファーMaiko。実際にMaiko自身の足で訪れた、話題のスポットや立ち寄ってみたくなるようなショップをMaikoの目線から切り取って紹介する。

今回は1982年から続くフリーマーケット、Long Beach Antique Marketをご紹介。毎月第3日曜日の朝5時半から午後2時まで開催されるこちらのマーケット。5時半に入場すると12ドル、6時半以降だと6ドルで入場できる。Good House Keeping Magazine、Los Angeles Magazineなどの雑誌で取り上げられたことから評判が広まり、今ではアメリカでトップ10のフリーマーケットにランクインするほどの人気イベントだ。

駐車料金は無料。混雑しすぎて駐車場待ちの渋滞が出来ることもあるローズボウルに比べて、楽に駐車できるのも嬉しい。

1 2 3

ラインナップは古着、ツール、おもちゃ、自転車、小物等幅広く揃うが、インテリアが最も充実している印象。古着はローズボウル、インテリアはロングビーチで探すというローカル達も多いのではないだろうか。

4

レトロで可愛いキッチンガスコンロは1930年代から’50年代のもの。値段は2000ドル前後。

5 6 7

出店数は800以上とローズボウルのちょうど半分くらいだが、マーケットの規模は今もなお広がり続けており、出店は2~3年待ちという噂も。とにかく広いローズボウルは一度気になったものを買いに戻るのも一苦労だが、それに比べてロングビーチは場所を見失うほどは大きくない。頑張れば2周、3周くらいは歩いて回れるだろう。しかし、人気のフリーマーケットのため、気になったものはもちろん即決がベスト! Maikoも撮影中に気になったマガジンホルダーがあったのだが、少し時間を置いて戻るともうほかの人がGETしていた。

8 9

マーケットは14時までだが、13時を過ぎると出店者は少しずつ片付けを始めるので、早めに行くのがベター。ロングビーチを訪れたら、早起きをしてぜひ立ち寄ってほしいスポットだ。

10 11 12

【DATA】
●Long Beach Antique Market
住所:4901 E Conant Street Long Beach, CA 90808
電話:323-655-5703
営業時間:5:30~14:00(毎月第3日曜)
http://www.longbeachantiquemarket.com/

●Maiko Naito 内藤真依子(フォトグラファー)
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com

(出典:『CLUTCH web』、写真:Maiko Naito 内藤真依子、文:CLUTCH Magazine編集部)

SHARE

PROFILE

CLUTCH Magazine 編集部

CLUTCH Magazine 編集部

日本と世界の架け橋として、国外での販路ももつスタイルカルチャーマガジン。本当に価値のあるモノ、海外記事を世界中から集めた、世界基準の魅力的コンテンツをお届けする。

CLUTCH Magazine 編集部の記事一覧

日本と世界の架け橋として、国外での販路ももつスタイルカルチャーマガジン。本当に価値のあるモノ、海外記事を世界中から集めた、世界基準の魅力的コンテンツをお届けする。

CLUTCH Magazine 編集部の記事一覧

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load