LAから1時間のドライブで見つけたヴィンテージショップ【フォトグラファーMaikoのLAガイド#35】

ロサンジェルスを拠点に、小さな体と重たいカメラで写真を撮り続けるフォトグラファーMaiko。実際にMaiko自身の足で訪れた、話題のスポットや立ち寄ってみたくなるようなショップをMaikoの目線から切り取って紹介する。

LAから車で南へ1時間、旧きよき街並みが残るオールドタウン・オレンジカウンティをご存じだろうか。今回は、アンティークショップやクールなバーバー、お洒落なカフェが立ち並ぶエリアの一角に佇むショップ、JOYRIDEを紹介する。

JOYRIDEは2008年にオープンしたメンズヴィンテージショップ。
1 一歩足を踏み入れると、店内を彩るインテリアに目を奪われる。壁一面のディスプレイがムードを盛り上げており、そのひとつひとつを眺めているだけでも楽しい。

2 こちらはオーナーのRob Houston。カウンター内で座っている姿がお馴染みで、地元のヴィンテージファンから親しまれている。
3 昔から旧いモノが好きだったというRob。ヴィンテージファッションのディーラーとして活躍する奥様と結婚したことをきっかけに、本格的にヴィンテージの世界へ足を踏み入れた。最初は家具を売っていたが、そのうち洋服をセレクトするようになったという。フリーマーケットから始めて、アンティークモールにも出店。その後店を出し、何度か引っ越しを重ねて現在の店に落ち着いた。
5 店の壁はもともと外壁だったものを使用。1920年代の飲料の広告などが今も姿を残している。洋服の世界観ともマッチし、雰囲気抜群だ。

店内にはミリタリーからスーツ、ハット、小物と幅広いラインナップが揃う。
6 7 8 最近では1960年代以降のアイテムを取り扱うヴィンテージショップが増えているなか、ここは’20年代から’60年代のアイテムが豊富に揃っている。旧くて状態がいいもの、レアなものを選んでいるそうだ。

そんなセレクトの中から、今一番クールなアイテムを見せてもらった。
11 12 TOWN CRAFTのプリントコーデュロイシャツ。こちらは’50年代のもの。非常にコンディションが良く、年代を感じさせない鮮やかな柄が印象的な一枚。

15 16 同じく’50年代のTOWN CRAFTのコーデュロイシャツ。襟の形と発色の良い色が非常にレアな一品だ。

17 Desmond’s Department storeのテーラードジャケット。’20年代のもので、シングルのピークドラペルはこの時代特有のデザイン。色が非常に珍しい。

18 19 ’30年代のSTETSONのハット。

また、店の奥にカスタムハットのカウンターがある点も特徴的。こちらもクラッチマンなら見逃せない。
20 21 ハットメイキングをしているのはEli Motsay。Robに声をかけられて店で働くようになったという。ネイティブ柄の小物なども製作する、多才なクラフトマンだ。

こちらはJOYRIDEオリジナルのハット。
22 23 ひとつひとつ丁寧に作られたハットには、Eliのこだわりが詰まっている。

26 27 ヴィンテージ好きを唸らせるセレクトに加えて、気さくな二人のキャラクターも店のファンを増やす理由のひとつ。金曜日だった取材日には、閉店の少し前からビールを片手にお客さんとの会話に花を咲かせていた。そんな陽気さもオレンジカウンティらしくて、店内はとても良い雰囲気だった。

28 29 壁面から天井までヴィンテージで埋め尽くされた空間は、じっくりと時間をかけて探索したくなる。

30 LAを訪れた際にはちょっと足を伸ばして、オレンジカウンティの美しい街並みと、ヴィンテージショップ巡りを楽しんでみては?

【DATA】
●JOYRIDE Vintage for MEN
住所:109 W Chapman Ave,Orange,CA 92866
電話:714-771-2118
営業時間:11:00~19:00
www.JoyrideVintage.com

●Maiko Naito 内藤真依子(フォトグラファー)
静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com

(出典:『CLUTCH web』、写真:Maiko Naito 内藤真依子、文:CLUTCH Magazine編集部)

SHARE

PROFILE

FUNQ

趣味の時代に読むメディア

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

FUNQの記事一覧

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load