今新しく見える、名作家具たち。OLD JOE FLAGSHIP STORE

デザイナーとしての類稀なセンスを持つ一方で、旧きよき時代のプロダクトデザインにも精通するOLD JOEの高木氏。特に家具においての先見の明は素晴らしく、今気になっているのが、フランスを中心としたミッドセンチュリー。プリミティブでハンドクラフト感のあるもの。これが高木氏の明確な基準だ。

20180529_1

フレンチミッドセンチュリーを代表するデザイナーのひとりであるシャルロット・ペリアンの手掛けたラウンジチェアに、モロッコのベルベル人たちの伝統的なラグであるベニワレンをプラス。そこにイサム・ノグチがデザインした、AKARI、柳宗理の紋次郎スツールを合わせ、なんともモダンな空間に仕上げている。

1
ここ数年で、ヴィンテージ市場にて価格が高騰しているのが、フレンチミッドセンチュリーの顔役のひとりであるジャン・ヌレのプロダクト。こちらのライブラリーチェアは、1959年に考案されたもの。テーブルとして合わせたシャルロット・ペリアンのベンチも含めて、モダンでありながらも、木の温もりやハンドクラフト感を匂わせているのが、魅力である。

2
シャルロット・ペリアンのアイコンのひとつとなっているのが、スツール。現行ではCassinaが展開しているが、もちろんヴィンテージ。今回のエキシビションでは、ペリアンのスツールだけで数脚用意され、中にはパリのアートシーンを担ったステフ・シモン・ギャラリーでのみ展開されていたスツールも展示。高木氏もこのスツールを所有。

3
和のミッドセンチュリーも自身の琴線に触れているそうで、OLD JOE FLAGSHIP STOREでイサム・ノグチがデザインした名作『AKARI』のエキシビションを行うほど。現行でもリリースされている『AKARI』シリーズではあるが、すべて希少なヴィンテージを展示。フレンチミッドセンチュリーのスペシャリストである名店『SIGN』に協力してもらい、今回の企画が成立したそう。和紙を使っているので、保存状態がいいのは少数なのだ。

4
●高木雄介(正式には、はしご高) Yusuke Takagi
OLD JOE/Designer
1978年生まれ。フリーのパタンナーとして数々の人気ブランドに携わった後に、自身のブランドOLD JOEを立ち上げる。ヴィンテージ家具にも造詣が深い。

【DATA】
●OLD JOE FLAGSHIP STORE
住所:1F Shibuya YTBuilding 02 21-3 Shinsen-cho Shibuya-ku,Tokyo(東京都渋谷区神泉町21-3 渋谷YTビル02 1階)
電話:03-5738-7292
営業時間:12:00~20:00
http://oldjoe.jp

※本ジャーナルは、『CLUTCH Magazine Vol.56』CLUTCH Magazine vol.56 の内容を再編集したものです。

(出典:『CLUTCH web』、写真:Nanako Hidaka 日高奈々子、文:Shuhei Sato 佐藤周平)

SHARE

PROFILE

FUNQ

FUNQ

趣味の専門誌を届けてきた私たちが世界中の人に向けて、趣味の世界への入り口をつくりました。彩りに満ちた人生の新たな1ページが、ここから始まります。

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load