おしゃれな西海岸スタイルの家具が見つかる、ロサンゼルスのインテリアスタジオを発見!

ロサンゼルス中心部を南北に通るFairfax Avenue。その通り沿いにあるFairfax High schoolでは毎週日曜にフリーマーケットが開催されていたり、軒を連ねるストリート系人気ファッションブランド店には長蛇の列がよくできていたりと、賑やかな通りとして知られています。

そのFairfax Avenueに、通りかかる度になんだかハイセンスな家具が外から見えるなと、気になっていたインテリアスタジオがありました。ショップではなく“スタジオ”ということで少々勇気がいりましたが、今回思い切って足を踏み入れてみることにしてみました。

無垢材を使った、これぞまさしく西海岸スタイルのインテリア。

「Shapiro Joyal Studio」は、聞くと、カスタムファニチャーのデザインスタジオ兼ショップなんだそうで、無垢の木で作られたハンドメイドの家具や作家もののインテリア雑貨が並びます。日差しが差し込むスタジオ内は、ラフに家具と雑貨が置かれ、西海岸の雰囲気がありつつも、ちょっとモダンな雰囲気もあり素敵な空間。

家具はちょっと勇気がいるので、まずはインテリア雑貨を拝見することに。

西海岸のアーティストによる、センスのいい雑貨たち。

店内に置かれた、西海岸を中心に活躍するアーティストによる器やテキスタイルなどインテリア雑貨の数々。どれも個性的で、ひとつ置くだけでインテリアのポイントになってくれそうです。無垢材を使った家具とも雰囲気がぴったりで、ぬくもりが伝わってくるのが魅力的に感じられます。

右)Handmade in Los Angeles, California by Sara Winkle 左)花器 Handmade in California by Rose de Heer
花器 Handmade in California by Rose de Heer

こちらはRose de Heerの作品たち。どれもおしゃれで、どんな花を挿そうか想像力を掻き立ててくれますよね。そのまま置いても、インテリアになってくれそうです。

Handmade in Los Angeles, California by Pascale Vaquette
Handmade in Los Angeles, California by Sara Winkle

こちらのティーセットはちょっと日本の器のような雰囲気。テーブルランナーと無垢材の家具の色合いともマッチしていて、おしゃれですね。

ミニマリストなスタイルをもつLeslieのデザインする家具。

オーナーのLeslie Shapiro Joyalと旦那さん

ロサンゼルスで生まれ育ったLeslieは、UCLA Interior Architecture Programでインテリアを学び、有名建築家のFrank IsraelやインテリアデザイナーのKerry Joyce、テキスタイルデザイナーのJack Lenor Larsenらのもとで仕事をしていました。その経験を糧に1998年、建築家やデザイナーたちが探し求める家具を提供するためのショールームとして、この「Shapiro Joyal Studio」の前身である「407 Furniture」をスタートさせました。

当時、Shapiro Joyal Studioのようなミニマリストなスタイルを持ったスタジオは他にあまりなく、Leslieは他ではなかなか見つけることができない、質も良くデザインも良い家具をデザインし、製作しました。

家具は全てLeslieがデザインしロサンゼルスにて作られたハンドメイドのもの。雑貨もローカルアーティストによるもので、モダンで上品、かつミニマルでレアなものを選び、スタジオ内に展示しているのだそう。クラフトマンシップが感じられるものばかりなのは、Leslieのこだわりによるところだったわけですね。

最新の西海岸スタイルを感じる、オリジナル家具。

【Soleil Sofa】

David A Wadeとコラボレーションして作ったもの。木の温もりを感じられる居心地の良いソファ。ちなみにソファの価格帯は50万円から220万円くらいだそうです。

【Cocoon Daybed】

気持ちよくお昼寝ができるデイベッド。

【Freda Chair】

Alfreda MaloofとFreda Kahloからインスパイヤされてデザインしたという椅子。

釘は使わず、組み立て式なのが特徴です。

Lucke Chairs

無垢材のよさがそのまま肌ざわりから感じられる椅子。ハンドメイド感がまた、シンプルなインテリアの中にあって、主張しすぎずいい感じです。

随所にインテリアコーディネイトの参考にしたくなる、絶妙なバランスの配置が。

こちらも器に植物を置いただけなので、様になってます。

テキスタイルもクラフトマンシップを感じられるものが置かれていました。

一つひとつこだわりが詰まった家具と、丁寧に選ばれたインテリア雑貨。流行を追わず、魂に響くような美しい家具作りを心がけているというLeslie。撮影中も、またせっせと新たしい家具のデザインに忙しそうでした。また来たいな、いつか買いたいな、と思わせてくれる家具と雑貨の出会いがありました。

【DATA】

Shapiro Joyal Studio

https://www.shapirojoyalstudio.com

409 S Fairfax Ave, Los Angeles, CA 90036

SHARE

PROFILE

内藤真依子

フォトグラファー

内藤真依子

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

静岡県出身。都内の大学を卒業後、マスコミ関係の仕事に携わる。退社後、心機一転しフォトグラファーとしてハワイへ移住。仕事を通じて技術と語学力を身につけ、2015年に以前から憧れていたロサンジェルスへ。クリエイター集団Seven Bros. Picture所属(http://seven-bros.com)

CLUTCH Magazine TOPへ

No more pages to load